三月三日のもちつき(ひな祭りの餅つき)

雛祭り(ひなまつり)をテーマとした日本のわらべうた・手遊び歌

『三月三日のもちつき(餅つき)』は、桃の節句の年中行事「雛祭り(ひなまつり)」を題材とした日本のわらべうた・手遊び歌

毎年3月3日のひな祭りで食べるおもちと言えば、ひし形の形をした赤・白・緑の3色の和菓子「菱餅(ひしもち)」が定番。

ひな人形とともに供えられるこの菱餅(ひしもち)は、先祖を尊び、厄を祓う、桃の花を表す赤い餅(もち)、清純と残雪を表す白い餅、春の若草・新芽の色で健やかな成長を願う緑の餅の3色のモチが3層に重ねられている。

地域によって異なる様々な歌詞

さて、わらべうた・手遊び歌『三月三日のもちつき』の具体的な遊び方だが、YouTubeなどにアップされている実際の手遊びの動画を見ていただくのが一番早くて確実だと思われる。

【試聴】『三月三日のもちつき』手遊び実演動画

歌詞については、歌われる地域によって様々なバリエーションがあるようだ。ネットで見つかった『三月三日のもちつき』の歌詞の一例をあげると次のとおり。

『三月三日のもちつき』歌詞の一例

三月三日のもちつきは ぺったんこ ぺったんこ
ぺったんぺったん ぺったんこ
さあこねて さあこねて さあこね さあこね さあこねて
とーん とーん とってんと とってん とってん とってんと

関連音楽ページ

うれしいひなまつり(童謡)
あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花♪
十五夜さんのもちつき
おっこねて とっついて シャーン シャーン シャンシャンシャン♪