ちょっと一貫貸しました 手まり歌の結び

ちょっと一貫貸しました 手まり歌の結び

日本の古い手まり歌の結びの句

「ちょっと一貫貸しました」は、日本の古い手まり歌・わらべうたで結び(一番最後)に歌われる決まり文句。

横溝正史の長編推理小説「金田一耕助シリーズ」の傑作「悪魔の手毬唄」でも言及されている。

「さらば一貫貸しました」や「まずまず一貫貸し申した」など、歌われる地域によって様々な表現がなされるが、どれも手まり歌の結びとして歌われている。

おそらく意味合いとしては、手毬を何十回・何百回とつく様子を、一文を何百枚も積み上げて一貫(一千文)になる様に例えたのではないかと推測されるが、由来やルーツなど詳細は不明だ。

ちなみに、明治時代には俗に10銭を1貫とも称したようで、手毬唄のなかにも「10」を数えた直後に「一貫貸した」と締めくくる歌がいくつか見られる。

清水の観音様 わらべうた

手毬唄・わらべうた『清水の観音様』(きよみずのかんのんさま)でも、最後に「まずまず一貫貸し申した」がセットで歌われている。

上述の「悪魔の手毬唄」の歌詞では、「うちの裏の前栽に 雀が三羽とまって」のようにスズメが三羽登場するが、この『清水の観音様』でも「すずめが三匹」登場する。

清水の観音様に すずめが三匹止まった
そのすずめが 蜂に刺されて
あいたたぶんぶん あいたたぶんぶん
まずまず一貫かしもうした

山寺の和尚さん系 その1

山寺の和尚さん
まりがお好きで まりはなし
猫をかンぶくろへ へし込んで
ポンと蹴りゃ ニャンと鳴く
ニャンポン其処にか わしゃ此処に
さらば一貫貸しました

山寺の和尚さん系 その2

ひとり坊さんさみしかろ
猫を紙袋へおっぺしこんで
ポポポンポンとつきや
おニャンニャンニャンと鳴く
まずまず一貫貸し申した

関連ページ

有名なわらべうた
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうた
山寺の和尚さん
猫をかん袋に押し込んで ポンとけりゃ ニャンとなく