あんたがたどこさ

日本の童謡・わらべうた/船場山には狸がおってさ♪

『あんたがたどこさ』は、熊本市船場地区を舞台とした日本の童謡・わらべうた。古くは女の子の手まり唄(まりつき唄)として歌われた。

遊び方は、4拍子のリズムでボールをついて、「さ」の所で足にくぐらせる。最後の「ちょいとかぶせ」でスカート(昔は着物)でボールを隠す。

熊本市船場地区の市電船場橋駅には、親子たぬきやハガキたぬきなど様々なタヌキ像が建てられている。親子たぬきの誕生日の2月16日には、近くの幼稚園児らを集めて毎年誕生祭も開催されているという。

挿絵:講談社「童謡画集(3)」(1958年)より

【歌詞】

あんたがたどこさ 肥後さ
肥後どこさ 熊本さ
熊本どこさ 船場(せんば)さ
船場山には狸がおってさ
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ 食ってさ
それを木の葉でちょいとかぶせ

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

童謡の謎:船場?仙波?狸は徳川家康?

『あんたがたどこさ』の「せんば(船場)」とは、熊本の船場地区ではなく、埼玉県川越市の仙波山を指しているのではないのか?こんな有力説が存在する。

江戸時代後期の幕末に、薩長連合軍が倒幕運動のために川越の仙波山に進行していたときのこと。付近の子供たちがどこからきたのか尋ねる様子が歌詞に描かれているという。

川越市には「仙波山」があり、仙波山には徳川家康公を祀った仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)が存在する。徳川家康は「狸」の俗称で知られている。

こう考えると、「船場山には狸がおってさ」の部分は「仙波山」と歌詞を書き変えても話の筋が通ることになる。ややこじつけ気味だが、説得力のある面白い解釈だ。

案外、知らずに歌ってた童謡の謎
案外、知らずに歌ってた童謡の謎
かごめ かごめ かごの中のとりは…。懐かしく、想い出にあふれた童謡の数々。花いちもんめ、赤い靴、赤鼻のトナカイ、ロンドン橋など、幼い頃、誰もが歌った、あの童謡に隠されていた物語を紹介。

関連ページ

有名なわらべうた
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうた
日本の民謡・童謡・唱歌
『赤い靴』、『いぬのおまわりさん』、『サッちゃん』、『シャボン玉』など、有名な日本の民謡・童謡一覧