金太郎

まさかりかついで金太郎 クマにまたがり お馬のけいこ

『金太郎』は、作詞・石原和三郎、作曲・田村虎蔵による日本の唱歌。明治33年(1900年)『幼年唱歌』に掲載された。

金太郎にまつわる伝説はいくつか存在するが、金太郎が祭られている静岡県駿東郡小山町の金時神社に伝わる物語をご紹介しよう。

時は天暦10年(956年)5月、宮中に仕えていた坂田蔵人(くらんど)は、彫物師十兵衛の娘、八重桐(やえぎり)と結ばれ、金太郎が生まれた。

まもなく坂田蔵人は亡くなってしまうが、金太郎はすくすくと成長。足柄山で熊と相撲をとり、母に孝行する元気で優しい子供に育った。

源頼光と出会い坂田金時と改名

天延4年3月21日(976年4月28日)、金太郎は、足柄峠にさしかかった源頼光と出会い、その力量を認められて家来となる。名前も坂田金時(きんとき)と改名し、京にのぼって頼光四天王の一人となった。

永祚2年3月26日(990年4月28日)には、丹波の国で悪さをしていた鬼の頭領 酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治した。

坂田金時は、寛弘8年12月15日(1012年1月11日)、九州の賊を征伐するため築紫(つくし・現在北九州市)へ向かう途中に病で死去。現在の岡山県勝央町には、金時を祀った倶利加羅(くりがら)神社が立てられ、今日の栗柄神社につながっているという。

ちなみに、「金時豆(きんときまめ)」の名前の由来はこの坂田金時から来ている。また、息子の坂田金平は「きんぴらゴボウ」の由来となっている。

試聴・歌詞『金太郎』

まさかりかついで きんたろう
くまにまたがり おうまのけいこ
ハイ シィ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ
ハイ シィ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ

あしがらやまの やまおくで
けだものあつめて すもうのけいこ
ハッケヨイヨイ ノコッタ
ハッケヨイヨイ ノコッタ

【関連ページ】 『浦島太郎(うらしまたろう)』 『桃太郎(ももたろう)』

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴