ローレライ Die Lorelei

ライン川の岩山ローレライに伝わる妖精の魔の歌声

『ローレライ(Loreley)』は、ドイツの作曲家フリードリヒ・ジルヒャー(Friedrich Silcher1789-1860)による1838年作曲のドイツ歌曲

歌詞は、ドイツの著名な詩人ハインリッヒ・ハイネによる詩集『歌の本』収録の詩が用いられた。

日本では、明治42年の『女声唱歌』に掲載された近藤朔風氏による訳詞が広く知られている。

ライン川にそびえる岩山ローレライ

ローレライ(Loreley)は、ライン川流域の町ザンクト・ゴアルスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山(上写真)。

ライン川下りでも有名で、周辺にはフドウ畑や古城が点在し、ローレライの岩の上に登ることもできる。

ローレライの岩のあたりは、川幅が少し狭く流れも急になるため、昔から遭難する船が多かったという。

魅惑の美声で人々を惑わす妖精ローレライ伝説

ローレライには、昔からいくつかの妖精の伝説が残されている。内容には多少の違いがあるようだが、ローレライとは、不実な恋人に絶望してライン川に身を投げた乙女で、水の精となった彼女の声は漁師を誘惑し、岩山を通りかかった舟を次々と遭難させていったという。

【試聴】ローレライ Die Lorelei

原詩(ハイネ「歌の本」より)・意訳

1. Ich weiß nicht, was soll es bedeuten,
Daß ich so traurig bin;
Ein Mährchen aus alten Zeiten,
Das kommt mir nicht aus dem Sinn.

私には分からない
どうしてこんなに悲しいのか
遠い昔の物語が
心から離れない

Die Luft ist kühl und es dunkelt,
Und ruhig fließt der Rhein;
Der Gipfel des Berges funkelt
Im Abendsonnenschein.

風は冷たく 辺りは暗い
静かに流れるライン川
山の頂は夕日に輝く

2. Die schönste Jungfrau sitzet
Dort oben wunderbar
Ihr gold’nes Geschmeide blitzet,
Sie kämmt ihr gold’nes Haar.

美しい乙女が座っている
金の飾りは輝き 金色の髪を梳いている

Sie kämmt es mit gold’nem Kamme,
Und singt ein Lied dabei;
Das hat eine wundersame,
Gewaltige Melodei.

金色の櫛で髪を梳かし
乙女は歌を口ずさむ
その歌は不思議で
力強いメロディ

3. Den Schiffer im kleinen Schiffe
Ergreift es mit wildem Weh;
Er schaut nicht die Felsenriffe,
Er schaut nur hinauf in die Höh’.

小舟に乗った舟人は
その歌に心を奪われて
岩礁は目に入らず
上を仰ぎみるばかり

Ich glaube, die Wellen verschlingen
Am Ende Schiffer und Kahn;
Und das hat mit ihrem Singen
Die Lore-Ley gethan.

舟人は波に飲まれるだろう
彼女の歌声によって
それはローレライの仕業

訳詩:近藤 朔風

なじかは知らねど心わびて
昔のつたえはそぞろ身にしむ
さびしく暮れゆくラインのながれ
いりひに山々あかくはゆる

うるわしおとめのいわおに立ちて
こがねの櫛とり髪のみだれを
梳きつつくちずさぶ歌の声の
くすしき魔力(ちから)に魂(たま)もまよう

こぎゆく舟びと歌に憧れ
岩根もみやらず仰げばやがて
浪間に沈むるひとも舟も
くすしき魔歌(まがうた)うたうローレライ

関連ページ

ドイツ民謡・童謡 有名な歌曲 歌詞と解説
『ぶんぶんぶん』、『ローレライ』、『こぎつね』、『魔王』など、日本でも有名なドイツ民謡・童謡・歌曲の歌詞と解説まとめ
ハイネ詩集『歌の本』とドイツ歌曲
『ローレライ(Loreley)』以外にも、シューベルトやロベルト・シューマン、メンデルスゾーンなどがハイネの詩集『歌の本』に作曲した歌曲を発表している。
ドイツ歌曲(リート)有名な曲 歌詞の意味
『野ばら』、『ローレライ』、『歌の翼に』など、19世紀ロマン派ドイツ歌曲を中心とした定番の作品解説