クラリネットをこわしちゃった

フランスの童謡/オーパッキャマラード パオパオパ! 歌詞の意味は?

『クラリネットをこわしちゃった(クラリネットが壊れちゃった)』は、子供向けのフランスの歌曲。一音ずつ音が出なくなってしまうクラリネットが登場する。

日本語バージョンでは壊れて出なくなったことになっているが、フランス語のオリジナルバージョンの歌詞を見てみると、どうも楽器だけのせいではなさそうだ。

オ・パッキャマラードの意味は?

有名な「オ・パッキャマラード」のフレーズは、フランス語の歌詞では「Au pas, camarade(オ・パ、キャマラード)」の部分。

この部分では、その直前の歌詞「Au pas cadence(オ・パ・キャドンス/「リズムに合わせて」の意)」が繰り返されている。

繰り返すフレーズでは「cadence(キャドンス)」の部分が省略され、「camarade(キャマラード/人への呼びかけに用いる)」が付け加えられて、「オ・パ・キャマラード」となったと考えられる。

試聴:『クラリネットをこわしちゃった』

歌詞(フランス語)・日本語訳(意訳)

ゼロから始める書き込み式フランス語BOOKゼロから始める書き込み式フランス語BOOK

J'ai perdu le do de ma clarinette,
J'ai perdu le do de ma clarinette,

Ah ! si papa il savait ca, tralala,
Ah ! si papa il savait ca, tralala,

Il dirait : "Ohe !"
Il dirait : "Ohe !"

僕のクラリネットの「ド」が出なくなっちゃった
ああ、もしパパがこれを知ったら、きっとこう言うよ

Tu n'connais pas la cadence,
Tu n'sais pas comment on danse,
Tu n'sais pas danser
Au pas cadence.

Au pas, camarade, Au pas, camarade
Au pas, au pas, au pas
Au pas, camarade, Au pas, camarade
Au pas, au pas, au pas
Au pas, au pas.

<以下パパのセリフ>
おや、お前はリズムを分かっていないな
お前はダンスの踊り方を知らないようだ
いいか、リズムに合わせてやるんだ
リズムに合わせてだ、坊や

同じメロディで歌われるフランスの行進曲

玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon
ナポレオン時代の行進曲。オーパッキャマラード オパオパオパ!

関連ページ

フランス民謡・童謡 有名な曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳
クラリネットの有名な曲・名曲
クラリネットのために作曲された作品や、クラリネットが活躍する楽曲など、クラリネットに関連するクラシック音楽の有名な曲・名曲まとめ。