ジャンボ・ブワナ Jambo Bwana

世界的に大ヒットしたケニアの歓迎ソング

『ジャンボ・ブワナ Jambo Bwana』は、1982年にケニヤのバンド、ゼム・マッシュルームズ(Them Mushrooms)がリリースした歌謡曲。

曲名の意味は、スワヒリ語で「こんにちは 旦那様」。歌詞は、ケニア旅行に来たお客さんを歓迎する内容で、現地ケニアの観光業でも定番の歓迎ソングとなっている。

ケニア・マサイ族の歓迎ダンス(© Oleg Znamenskiy/123RF)

様々なアーティストによって『ジャンボ・ブワナ Jambo Bwana』はカバーされ、曲名や歌詞もその都度異なる内容にアレンジされている。

例えば、ボニーM(Boney M.)盤では『Jambo - Hakuna Matata』の曲名でほぼ英語の歌詞となり、ザ・サファリ・サウンド・バンド(The Safari Sound Band )によるカバーでは『Jambo Jambo』(ジャンボ・ジャンボ)の曲名となっている。

【試聴】ジャンボ・ブワナ Jambo Bwana

ディズニー「ライオンキング」と「ハクナ・マタタ」

ちなみに、『ジャンボ・ブワナ Jambo Bwana』の歌詞にある「Hakuna Matata (ハクナ・マタタ)」という特徴的なフレーズは、1994年のディズニーアニメ映画「ライオン・キング」にも少なからず影響を与えているものと思われる。

なお「Hakuna Matata (ハクナ・マタタ)」は、スワヒリ語で「問題ない、大丈夫、なんとかなるさ」といった意味。

【試聴】ハクナ・マタタ(ライオンキング)

関連ページ

アフリカ民謡 有名な曲
『チェチェコリ』、『マライカ』、『シヤハンバ』など、日本でも知られるアフリカ民謡・歌謡の有名な曲特集