ホットクロスバンズ 歌とパンの意味・由来

イースター(復活祭)直前の金曜日に食べる伝統的な菓子パン

『ホットクロスバンズ Hot cross buns』は、イースター(復活祭)に関連するイギリスの菓子パン「ホットクロスバン」を題材とした古いマザーグース(イギリス民謡)。

下の写真は、家庭料理で焼き上げられたホットクロスバン。キリストの受難を象徴する十字架(クロス)状の装飾が特徴。

ホットクロスバンズ Hot cross buns

『ホットクロスバンズ Hot cross buns』の歌詞は、元々は町の通りで焼き立てのパンを売る売り子の掛け声・売り声だったようで、18世紀半ば頃にはその原型が出版物の中で確認されている。

メロディについては、YouTube動画をいくつか確認してみたが、他のマザーグースのようにその歌固有のメロディは確定していないようだ。

【試聴】 Hot Cross Buns - ABC Kids TV

歌詞と意味(日本語訳)

丸型のホットクロスバンズ

Hot cross buns,
Hot cross buns,
One a penny,
Two a penny,
Hot cross buns.

ホットクロスバンズ
ホットクロスバンズ
安いよ 安いよ
ホットクロスバンズ

If you have no daughters,
Give them to your sons.
One a penny,
Two a penny,
Hot cross buns.

娘がなければ息子にやって
安いよ 安いよ
ホットクロスバンズ

上写真:丸型のホットクロスバンズ(出典:Food Wishes/YouTube)

イースター(復活祭)との関係は?

イースター(復活祭)とは、イエス・キリストの復活を記念するキリスト教のイベント。毎年4月頃に行われる。イースターエッグやイースターバニーが関連する。

イースター(復活祭)

イースター(復活祭)の46日前は四旬節(しじゅんせつ)と呼ばれ、かつては、肉や卵・乳製品の摂取が禁じられていたほか、一日一食しか認められていなかった。

復活祭前の金曜日は「聖金曜日(Good Friday)」と呼ばれ、この日の朝に「ホットクロスバン」が食されていたそうだ。

なお現代では、ホットクロスバンは他の菓子パンと同様に一年中売られており、イースターに限らず時期を問わず食されている。

関連ページ

イースター(復活祭)とは?
キリスト教圏における春の重要な年中行事「イースター(復活祭)」まとめ
キッズソング・マザーグース・子供向けの英語の歌
『ハンプティ・ダンプティ』、『ビンゴの歌』、『バスの歌』、『パフ』など、子供向けの英語の歌・キッズソング特集