二人でお茶を Tea for Two

ジャズ/ドリス・デイ主演の映画主題歌で有名に

『二人でお茶を(Tea for Two)』は、1925年のミュージカル『No, No, Nanette(ノー・ノー・ナネット)』向けの楽曲。

ブロードウェイのプロデューサー兼作曲家ビンセント・ユーマン(Vincent Youmans)と劇作家アーヴィン・シーザー( Irving Caesar)のコンビによる作品。

1950年に「二人でお茶を」として映画化され、主演のドリス・デイ (Doris Day)の歌で有名になった。

【YouTube】Doris Day - Tea for two

映画「二人でお茶を」のストーリーは?

映画のストーリー:自分の一座を率いていた歌手の女性ナンが、金持ちの伯父に出資を頼んだところ、OKの条件として、二日間すべての会話に「NO(ノー)」と返事しなければならない羽目に・・・。恋人のプロポーズにもYESを言えない彼女の身に降りかかる様々な出来事とは・・・?

関連ページ

ジャズ・スタンダード名曲集
『A列車で行こう』、『フライ・ミー・トゥーザ・ムーン』、『シング・シング・シング』など、日本でも有名なジャズ・スタンダード名曲解説とYouTube動画まとめ。