ラブ L-O-V-E 歌詞の意味・和訳

ナット・キング・コール(Nat King Cole/1919–1965)

『L-O-V-E』(LOVE/ラブ)は、アメリカのナット・キング・コールによる1965年のヒット曲。

同曲が収録されたアルバム「L-O-V-E」は、1965年2月に肺ガンで亡くなる直前にリリースされた。

日本では、2004年9月公開の映画「スウィングガールズ」(監督:矢口史靖)のエンディング曲としても知られている。

ナット・キング・コールと妻マリア

写真:ナット・キング・コールと妻マリア(出典:Wikipedia)

ナッキンコールは、1日にタバコを3箱も吸うヘビースモーカーだった。タバコは声を低音にすると信じていたという。

歌手としてまだ絶頂時の1965年2月15日、サンタモニカの病院で肺ガンにより逝去。この時、娘ナタリー・コールはまだ6歳前後だった。

【試聴】ナット・キング・コール L-O-V-E

歌詞の意味・和訳(意訳)

Nat King Cole『L-O-V-E』

作詞:ミルト・ゲイブラー (Milton "Milt" Gabler)

作曲:ベルト・ケンプフェルト(Bert Kaempfert)

L is for the way you look at me
O is for the only one I see
V is very, very extraordinary
E is even more than anyone that you adore can

"L" それは僕を見つめる君のまなざし
"O" それは僕の目に映る唯一の人
"V" それはとてもとても特別な気持ち
"E"  それは誰よりも君を愛してる

Love is all that I can give to you
Love is more than just a game for two
Two in love can make it,
take my heart and please don't break it
Love was made for me and you

愛は僕が君に捧げるすべて
愛は駆け引き以上のもの
愛し合う二人ならうまくいくさ
僕の心を受け取って どうか大事にして
愛は僕と君のためにある

ナット・キング・コール・ベスト

ジャケット写真:ナット・キング・コール・ベスト

関連ページ

ナット・キング・コール 有名な曲・代表曲
『モナリザ』、『スマイル』、『ラヴ L-O-V-E』など、20世紀アメリカを代表するジャズ系歌手ナット・キング・コールの有名な曲・代表曲まとめ
ジャズ・スタンダード名曲集
『A列車で行こう』、『フライ・ミー・トゥーザ・ムーン』、『シング・シング・シング』など、日本でも有名なジャズ・スタンダード名曲解説とYouTube動画まとめ。