ビギン・ザ・ビギン
Begin the Beguine

ジャズ/アーティー・ショー楽団のアレンジで世界的に大ヒット

『ビギン・ザ・ビギン』(Begin the Beguine)は、アメリカのコール・ポーター(Cole Porter/1891-1964)作曲によるジャズ

1935年10月にニューヨークのインペルアル・シアターで、ミュージカル「ジュビリー(Jubilee)」劇中曲として発表された。

Artie Shaw Begin the Beguine

その後、アーティー・ショー(Artie Shaw)楽団によるアレンジ・演奏が世界的に大ヒット(1938年)。

以降、数多くのアーティストがカヴァーし、ジャズのスタンダードナンバーとして定着している。

なお、「Beguine ビギン」とは、カリブ海・西インド諸島にあるフランス領の島マルティニーク(Martinique)発祥のダンス音楽のこと。

【試聴】Artie Shaw Begin The Beguine

【試聴】Jo Stafford - Begin the Beguine

関連ページ

ジャズ・スタンダード名曲集
『A列車で行こう』、『フライ・ミー・トゥーザ・ムーン』、『シング・シング・シング』など、日本でも有名なジャズ・スタンダード名曲解説とYouTube動画まとめ。