ポーリャンカ Polyanka

フォークダンス(ウクライナ)/自由な一人踊りで個人技の見せ場も

『ポーリャンカ Polyanka』は、旧ソビエト連邦(ソ連)構成国であるウクライナを代表するフォークダンス。ロシアのフォークダンスとしても紹介される。

複数の男女カップルでダブル・サークルなどのフォーメーションを基本とするが、自由な一人踊り(プリャースカ)の部分も多く取り入れられ、ロシア的なプリシャトカ(胸の前で腕を組み素早くしゃがんだり立ったりする動作)など、個人の技量の見せ場が多い。

『ポーリャンカ Polyanka』のメロディを聴いてみると、他のロシア民謡やウクライナ民謡、フォークダンス曲と比べてあまり「ロシア的なメロディではない」と感じられる方も少なくないと思われるが、どうやらこの曲はアメリカで作曲されたもののようだ。詳しい経緯は不明。

余談だが、モスクワの地下鉄には「ポーリャンカ Полянка」という駅が存在する。言うまでもなく、フォークダンス曲『ポーリャンカ Polyanka』とは何の関係もない。雑学コーナーおしまい。

【試聴】Polyanka