4つのハーブの秘密
パセリ、セージ、ローズマリー、タイム

スカボローフェアの謎 Scarborough Fair

次は、1810年において記録されていたバリアントである「The Cambric Shirt(キャンブリック・シャツ)」の歌詞を取り上げます。キャンブリックとは、亜麻糸・綿糸で織った薄地の平織物で、主にハンカチに用いられたりする繊維のことです。

下の歌詞を見てみると、サイモン&ガーファンクルの「スカボローフェア」と同じような歌詞がすでにこの1810年に用いられていた事が分かります(下の赤い太字部分)。ちなみに「Parsley, sage, rosemary and thyme(パセリ、セージ、ローズマリー、タイム)」はすべてハーブの名前を指しています。

Child #2G 'The Cambric Shirt'

'CAN you make me a cambrick shirt,
Parsley, sage, rosemary and thyme
Without any seam or needle work?
And you shall be a true lover of mine

'Can you wash it in yonder well,
Where never sprung water nor rain ever fell?

'Can you dry it on yonder thorn,
Which never bore blossom since Adam was born?

'Now you have askd me questions three,
I hope you'll answer as many for me.

'Can you find me an acre of land
Between the salt water and the sea sand?

'Can you plow it with a ram's horn,
And sow it all over with one pepper corn?

'Can you reap it with a sickle of leather,
And bind it up with a peacock's feather?

'When you have done, and finishd your work,
Then come to me for your cambrick shirt.'

チャイルド教授が残したその他のバリアント

チャイルド教授の収集したバリアントの中で、最後に注目したいのは、この「Child #2K」の「Acres of land(1エーカーの土地)」です。

この歌詞は「Child #2A」でも登場していましたが、後になってこの部分だけ切り取られた形でバリアントとして成長していったようです(下の歌詞を良く見ると3エーカーになっています)。

このバージョンについては、今日においてもいくつかのアーティストによってCD化されているようです(次ページ以降でご紹介します)。

Child #2K

Halliwell's Nursery Rhymes of England, 6th ed., p. 109, No 171.

MY father left me three acres of land,
Sing ivy, sing ivy
My father left me three acres of land.
Sing holly, go whistle and ivy

I ploughed it with a ram's horn,
And sowed it all over with one pepper corn.

I harrowed it with a bramble bush,
And reaped it with my little penknife.

I got the mice to carry it to the barn,
And thrashed it with a goose's quill.

I got the cat to carry it to the mill;
The miller he swore he would have her paw,
And the cat she swore she would scratch his face.

ポールサイモンと「スカボローフェア」の出会い

歌詞・メロディー共に様々なバリエーションが存在する「エルフィンナイト」ですが、1960年代のイギリスにおけるフォークリバイバルブームの中で、ある有名フォークソングシンガーがこの「エルフィンナイト(もしくはそのバリアント)」を「スカボローフェア」という曲にアレンジしていました。彼の元を訪れていたポールサイモンはその曲を聴いて・・・次のページへ続きます。

【次のページ】 6.マーティン・カーシー

スカボローフェアの謎 目次

  1. はじめに
  2. ブロードサイド・バラッドとは?
  3. チャイルド教授の功績
  4. 17世紀の妖精の騎士
  5. 4つのハーブの秘密
  6. マーティン・カーシー
  7. ポール・サイモンとの関係
  8. もう一つのスカボローフェア
  9. 反戦への詠唱

関連ページ

イングランド民謡『スカボローフェア』 歌詞・日本語訳・試聴

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室