エルフィン・ナイト Elfin Knight

スカボローフェアの謎 Scarborough Fair

「スカボローフェア」のルーツは、「The English and Scottish Popular Ballads」第一巻に収録されているChild #2「Elfin Knight(エルフィンナイト)」であるとされています。

この「妖精の騎士」を意味する「エルフィンナイト」は、おそらくケルト地方の妖精とアーサー王伝説の騎士のイメージが、長い伝承過程において何らかの形で融合し、それがバラッドの形で歌われるようになったものと思われます。

「Child #2」 では、AからMまで13のvariants(バリアント)が歌詞のみの形で取り上げられているのですが、まずは、その中でも最も古いバリエーションと思われる「Child #2 A」の歌詞を引用したいと思います。

それにしても、この「Child #2」 に限ったことではないのですが、この「The English and Scottish Popular Ballads」にはメロディに関する記述がほとんどないことが唯一惜しまれるところです。

チャイルドバラッド Child #2 A

<前書き部分>

'A proper new ballad entitled The Wind hath blown my Plaid away, or, A Discourse betwixt a young [Wo]man and the Elphin Knight' a broadside in black letter in the Pepysian library, bound up at the end of a copy of Blind Harry's 'Wallace,' Edin. 1673.

A broadside in black letter, "printed, I suppose," says Pinkerton, "about 1670," bound up with five other pieces at the end of a copy of Blind Harry's 'Wallace,' Edin. 1673, in the Pepysian Library.

この前書きを見ると、次の2つのタイトルが付されていたようです。

○「The Wind hath blown my Plaid away」

(風がプレードを吹き飛ばした)

○「A Discourse betwixt a young [Wo]man and the Elphin Knight」

(若い女性とエルフィンナイトの会話)

前者の「Plaid」はあまり聞きなれない単語ですが、研究社リーダーズ英和辞典(第2版)によれば、「プレード 《スコットランド高地人の格子縞のラシャ》; 格子縞; 長い肩掛け」とされており、スコットランド高地地方特有の民族的衣装の一つのようです。

後者の方は、今日の「スカボローフェア」に通じる形式を想起されるタイトルとなっており、かけあい形式をとっている歌詞の内容ともよく合致しています。他のバリエーションでは、このエルフィンナイトが老人や悪魔、死神とされているものもあるようで、果たしてどれがルーツであるかについて確証を得るのは今日においては困難ではないかと思われます。

問題の歌詞の部分ですが、非常に古い英語やスコットランド地方特有の古語が用いられており読解は困難ですが、今日の「スカボローフェア」でも登場する「針を使わずにシャツを縫う(下の歌詞の赤い太字)」部分や、「1エーカーの土地を角で耕す(下の歌詞の青い太字)」部分など、男女間の実行困難な謎かけ的問答のかけあいを描いた歌詞が、サイモン&ガーファンクルがアレンジした200年近く前である1670年時点において記録に残されていたという事実は非常に興味深いところです。

<歌詞の部分>

MY plaid awa, my plaid awa,
And ore the hill and far awa,
And far awa to Norrowa,
My plaid shall not be blown awa.

The elphin knight sits on yon hill,
Ba, ba, ba, lilli ba
He blaws his horn both lowd and shril.
The wind hath blown my plaid awa

He blowes it east, he blowes it west,
He blowes it where he lyketh best.

'I wish that horn were in my kist,
Yea, and the knight in my armes two.'

She had no sooner these words said,
When that the knight came to her bed.

'Thou art over young a maid,' quoth he,
'Married with me thou il wouldst be.'

'I have a sister younger than I,
And she was married yesterday.'

'Married with me if thou wouldst be,
A courtesie thou must do to me.

'For thou must shape a sark to me,
,' quoth he.

(当サイト注記:「SARK」は「SHIRT」の意)

'Thou must shape it knife-and-sheerlesse,
And also sue it needle-threedlesse.'

'If that piece of courtesie I do to thee,
Another thou must do to me.

'I have an aiker of good ley-land,
Which lyeth low by yon sea-strand.

'For thou must eare it with thy horn,
So thou must sow it with thy corn.

'And bigg a cart of stone and lyme,
Robin Redbreast he must trail it hame.

'Thou must barn it in a mouse-holl,
And thrash it into thy shoes soll.

And thou must winnow it in thy looff,
And also seck it in thy glove.

'For thou must bring it over the sea,
And thou must bring it dry home to me.

'When thou hast gotten thy turns well done,
Then come to me and get thy sark then.'

'I'l not quite my plaid for my life;
It haps my seven bairns and my wife.'

The wind shall not blow my plaid awa

'My maidenhead I'l then keep still,
Let the elphin knight do what he will.'

The wind's not blown my plaid awa

チャイルドが残した他のバリアント

次のページでは、現在の「スカボローフェア」に近い歌詞を持った他のバリアントの歌詞をいくつか取り上げてみたいと思います。他のバリアントの内容を見ると、基本的にはこの「エルフィンナイト」の内容を踏襲しており、そのうえで「1エーカーの土地」や「シャツ」などの歌詞の一部に注目して話を広げてったものが多いようです。

【次のページ】 5.4つのハーブの秘密

スカボローフェアの謎 目次

  1. はじめに
  2. ブロードサイド・バラッドとは?
  3. チャイルド教授の功績
  4. 17世紀の妖精の騎士
  5. 4つのハーブの秘密
  6. マーティン・カーシー
  7. ポール・サイモンとの関係
  8. もう一つのスカボローフェア
  9. 反戦への詠唱

関連ページ

イングランド民謡『スカボローフェア』 歌詞・日本語訳・試聴

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室