チャイルド教授の功績 Child's Ballads

スカボローフェアの謎 Scarborough Fair

「スカボローフェア」の源流を探る上では、フランシス・ジェームズ・チャイルド(Francis James Child/1825-1896)が全5巻に渡って記した研究書「The English and Scottish Popular Ballads」を避けて通ることはできません。

下写真は復刻版第1巻。アマゾンで印刷版・電子書籍版が入手可能。2004年2月現在、全5巻中第2巻まで復刻が完了している。)。

この書籍は全5巻にわたって300曲以上のイングランド・スコットランドの伝統民謡の歌詞を纏め上げており、今日に至ってもなおイギリス民謡を研究していく上で歴史的史料価値の非常に高い重要書籍です。

フランシス・ジェームズ・チャイルドは1825年にマサチューセッツ州のボストンに生まれました。貧しい家庭であったようですが、ボストンラテン学校の校長にその才能を見出され、数々の援助を受けてハーバード大学に進学。1851年からは同大学の修辞学におけるthe Boylston Professor に就任し、以後25年間その地位にとどまり続けました。

この「The English and Scottish Popular Ballads」は「Child's Ballads」とも呼ばれ、その中の作品のタイトルをあらわす方法として、当該書籍中のシリアルナンバーが用いられます。以下のリストは第1巻の収録タイトル53曲の一覧ですが、「Child #2」といったら「The Elfin Knight」を指します。

The English and Scottish Popular Ballads

Volume I: 1-53

#1: Riddles Wisely Expounded
#2: The Elfin Knight
#3: The Fause Knight on the Road
#4: Lady Isabel and the Elf Knight
#5: Gil Brenton
#6: Willie's Lady
#7: Earl Brand
#8: Erlinton
#9: The Fair Flower of Northumberland
#10: The Twa Sisters
#11: The Cruel Brother
#12: Lord Randal
#13: Edward
#14: Babylon or The Bonnie Banks o Fordie
#15: Leesome Brand
#16: Sheath and Knife
<以下割愛>

スカボローフェアの源流とは?

「スカボローフェア」の原曲とされている曲は、上述の「The English and Scottish Popular Ballads」第1巻のどこかに収録されているのですが、それがどの曲かについては、次のページ以降で解説したいと思います。

なお、晩年のフランシス・ジェームズ・チャイルドは、痛風やリウマチを患っており、さらに1893年の移動中の事故がきっかけで体は衰弱していき、「The English and Scottish Popular Ballads」5巻目をほぼ纏め上げたところで、1896年9月に享年71歳で亡くなっています。

【次のページ】 4.17世紀の妖精の騎士

スカボローフェアの謎 目次

  1. はじめに
  2. ブロードサイド・バラッドとは?
  3. チャイルド教授の功績
  4. 17世紀の妖精の騎士
  5. 4つのハーブの秘密
  6. マーティン・カーシー
  7. ポール・サイモンとの関係
  8. もう一つのスカボローフェア
  9. 反戦への詠唱

関連ページ

イングランド民謡『スカボローフェア』 歌詞・日本語訳・試聴

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室