アイルランド移民増加の歴史的背景

ダニーボーイの謎 Danny Boy

アイルランドからアメリカへの移民が爆発的に増えたのは、1845年から1849年の数年間にわたって発生した「ジャガイモ飢饉(The Great Famine)」が大きな原因の一つです。

イギリスの支配によって小麦の取れる肥沃な大地をすべて接収されていたアイルランドですが、その唯一とも言える主食はじゃがいもでした。

理由2:アイルランドのジャガイモ飢饉

1845年、この命の綱であるじゃがいもが、原因不明の胴枯れ病の大流行でまったくの不作となってしまいます。さらにそこへチフスの大流行が重なり、数年間で100万人以上のアイルランド人が餓死したと言われています。

日本の都道府県が一つなくなってしまうぐらいの勢いの大飢饉です。この飢饉から逃れるためにアメリカへ移住したアイルランド人は150万人とも200万人とも言われています。

なお、この飢饉の間も、イギリス人が支配していた小麦の大地では以前と変わらず収穫が上がっていましたが、それらはすべてイギリス本土へ送られ、次々と餓死していくアイルランド人の口に入ることは決してありませんでした。

ちなみにこの移民の中には、J・F・ケネディ大統領の曾御祖父さんも含まれていたようです。

理由3:1848年アメリカゴールドラッシュ

1846年~1848年に起こったアメリカ・スペイン戦争において、アメリカは現在のテキサス、カリフォルニア、ニューメキシコ、ユタなどの多くの領土をメキシコから獲得します。

そのメキシコ戦争が終結してから間もない1848年の初め頃、獲得したばかりのカリフォルニアで金鉱が発見されることで、有名なゴールドラッシュの時代がやってきます。

アメリカ国内では、誰もが一攫千金を夢見てはるばる西部へと荒野を幌馬車隊で長旅を続けることになるのですが、何もアメリカのみならず、アイルランドを含めた世界中の人々がこの黄金獲得を目論んでアメリカ新大陸へと移住していったのでした。

<関連ページ>

フォスター特集「おおスザンナ」歌詞と解説

ソングブック「雪山讃歌(クレメンタイン)」歌詞と解説

ドナドナ研究室「リパブリック讃歌 歴史編」6-3

義理の妹は何故アメリカへ移住したのか?

「ダニーボーイ」を作詞したFrederic Edward Weatherly(フレデリック・エドワード・ウェザリ/1848-1929)の義理の妹Margaret Weatherlyは、何が直接の理由でアメリカに渡っていったのかは不明ですが、少なくとも以上で述べた3つの理由のどれかが関わっていることは想像に難くありません。

彼女はすでに1890年頃にはサンフランシスコにいたようで、そこでエドワードの兄弟と結婚し、夫と共に1908年頃、ゴールドラッシュで一攫千金を夢見るべくコロラドに移住して行ったのでした。

そのコロラドで、おそらくアイルランドから移住して来たであろう炭鉱夫が演奏していた曲こそが、今日知られる「Londonderry Air」にあたるメロディーであり、それを聞いた彼女が慌ててそれを書きとめ、作詞家として活動していた義理の兄のフレデリックへそのメロディーを届けたことが、今日の「ダニーボーイ」が生まれる大きな契機となったのです。

「ロンドンデリーの歌」のルーツに迫る!

次のページでは、いよいよ「ダニーボーイ」の原曲である「ロンドンデリーの歌」のルーツに焦点を当てていきます。いつどのようにして広まったのか?誰が発見したのか?それは本当に「ロンドンデリーの歌」だったのか?謎は深まります。

【次のページ】 5.ロンドンデリーの歌

ダニーボーイの謎 目次

  1. 父親の歌?母親の歌?
  2. 法律のできるソングライター
  3. アイルランドからアメリカへ①
  4. アイルランドからアメリカへ②
  5. ロンドンデリーの歌
  6. 盲目のフィドル弾き伝説
  7. 彼女の創作疑惑
  8. 見当たらない彼女のメロディ
  9. 青年の夢
  10. 100曲以上の歌詞

関連ページ