森のくまさんの歌詞に関する
様々な人々の様々な考察・解釈

森のくまさんの謎/ドナドナ研究室

「森のくまさん」の解釈についてのwebページを検索してみると、本当に色々な人々の色々な解釈が出てきます。

中には有名な知識人の方もこの議論に参戦しているようで、東京大学大学院社会学博士の宮台真司氏によるコメントの他、いくつか興味深い解釈が見つかりましたので早速ご紹介したいと思います。

【関連ニュース】パロディ曲『森のくまさん』を作詞者が提訴?

宮台真司氏のブログコメントより

まず、東京大学大学院社会学博士の宮台真司氏は公式ブログの2006年6月24日のエントリーにて次のようにコメントしています。

おかしい。熊の行動もお嬢さんの行動も解離している。自分は「怖い熊」だと言うが、親切を施すのは「怖くない熊」だから。「怖い熊」だと納得して逃げたお嬢さんが、直後に一緒にラララ…と唄うのは「怖くない熊」だと思うから。どうにもつじつまが合わない。

最後に馬鹿説。熊さんもお嬢さんもイイカゲンで支離滅裂なのだとする説。ネット上では筆先三寸さんがこの説を挙げた上で否定し、鉄砲説の類似説(熊さんではなく別のものが危険だから逃げなさい)を語る。

私は昔から馬鹿説──解離説と呼ぶべきか──だと感じる。長じてギリシア神話や記紀神話などを知るにつけて、益々そう思った。古い神話では人も神も行動が支離滅裂(であるが故に神は非超越的)。「〈世界〉は確かにそうなっている」との納得を与えるためだ。

<宮台氏公式ブログ「MIYADAI.COM BLOG」2006-06-24 エントリーより引用>

確かに日本語版「森のくまさん」の歌詞は、その説明不足が原因でストーリーの前後で矛盾しているように解釈できるために、そのまま歌おうとするとちょっと違和感が大きくて、お嬢さんとクマは大丈夫なのかと心配になってしまいそうです。

この「どっちもバカ説」は誰もが一度は脳裏をよぎるであろう多数派説であるといえそうです。

衝撃の筆先三寸さん説

ちなみに、この宮台氏のブログで言及されている筆先三寸さんのページでは、解釈の余地の大きい「森のくまさん」の歌詞を様々な角度から考察し、結論として再現小説の形で独自のストーリーを展開されています。筆先三寸さん説の一部を以下の通り抜粋します。

(ア)両者はともに人間である。
(イ)両者は知り合いである。
(ウ)「お嬢さん」の父親は「くまさん」に対して高い地位にある。
(エ)「くまさん」は高齢ではない。少なくとも青年に匹敵する体力を持つ。

(a)「お嬢さん」は何者かによって森へ連れ込まれた。
(b)「お嬢さん」はその何者かの暴力によってイヤリングを落とした。
(c)「くまさん」は警察官である。
(d)「お嬢さん」はイヤリングを拾ってもらったお礼に「くまさん」に対して犯罪への関与を自白している。

クマさんは人間の警察官だった・・・という衝撃の説は、日本の「森のくまさん」学会に大きな衝撃を与えました。興味深い解釈の真相については、是非筆先三寸さんのページをご覧頂きたいと思います。同じ歌詞からよくもここまで解釈を広げることができるものだと思わず関心させられます。

自分は自分が欲する相手の女性に愛されるに値しない、むしろ傷つけてしまう存在である。

このように様々な解釈が成り立ち、ネタとして格好の材料となっている日本語版「森のくまさん」の歌詞ですが、私が一番気に入った解釈をご紹介して、ひとまずキリにしたいと思います。

実は「森のくまさん」には、愛するがゆえに傷付け合ってしまう、どこかで聞いたことのあるような恋愛ストーリが隠されていたのでした。

「自分は自分が欲する相手の女性に愛されるに値しない、むしろ傷つけてしまう存在である、それゆえに自分は自分が欲する相手の女性に近づくことができない」。このように、相手の女性を欲しながら自分はそれに値しないという屈折した自意識のあり方が「森の熊さん」の歌詞には託されているのである。

mushimori氏のブログ「ことばの構造」2006-06-25エントリーより引用

日本中に疑問と議論の種を蒔いた作詞者 馬場祥弘さんとは?

これだけ様々な解釈と疑問の余地を残した歌詞はそうあるものではないと思いますが、この歌詞を世に送り出した作詞者である馬場祥弘とは一体どんな人物なのでしょうか?次のページへ続きます

【次のページ】 「3.作詞は馬場祥弘氏」へ進む

森のくまさんの謎 インデックス

  1. はじめに
  2. 歌詞の様々な解釈
  3. 作詞は馬場祥弘氏
  4. 森くま英語版のユーモア
  5. ちょっぴりアダルト?な替え歌
  6. 小さなイモムシ
  7. 1919年の楽譜
  8. 腹をすかせた哀れな男の歌
  9. 魚肉からミートボールへ
  10. すべての謎は解けた?

パロディ曲『森のくまさん』関連

パロディ曲『森のくまさん』を作詞者が提訴?
作詞者に無断で歌詞を追加しCDリリース
加詞(歌詞の追加)と著作権 もりくま騒動
作詞者に無断で歌詞を追加しトラブル発生
おふくろさん騒動 森進一による歌詞追加
歌詞を追加したアレンジ版を歌い続けて作詞者が激怒

関連ページ

アメリカ民謡・童謡『森のくまさん』歌詞の意味・日本語訳
ある日、森の中でくまさんに出会った女の子はなぜ逃げた?原曲の内容は?
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
アメイジング・グレイス、森のくまさん、グリーン・グリーン、ドナドナなど、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ