アメージンググレースの謎
歌詞と曲(メロディ)のルーツは?

アメージンググレース Amazing Grace

ドナドナ研究室No.012 『アメージンググレース 後編』では、アメージンググレースの歌詞やメロディーのルーツやエピソードについて深く迫ってみたいと思います。

ジョンニュートンの生い立ちや生涯(主に少年時代)党についてはドナドナ研究室No.011 『アメージンググレース 前編』で解説していますのでそちらも是非お立ち寄りください。

「アメージンググレース」の歌詞には、ジョンニュートンが22歳の時に体験した嵐の中での出来事が歌詞の中に暗示的に歌いこまれており、彼の若い頃の人生について知ることで、今までとはまた違った感覚でアメージンググレースを聴くことができると思います。

ドナドナ研究室ファイルNo.011 『アメージンググレース 前編』

ジョンニュートンの人生(主に少年時代)、エピソード等

・ドナドナ研究室ファイルNo.012 『アメージンググレース 後編』

アメージンググレースの歌詞・曲のルーツ等

アメージンググレースの歌詞・メロディーのルーツを探る!

22歳の時に体験した嵐の中での出来事を基にして、ジョンニュートンは50代半ばの頃に今日知られるアメージンググレースの歌詞を発表しました。

最初イギリスで発表された時には歌詞だけでメロディーはありませんでしたが、やがて移民の流れにのってアメリカ大陸へと渡り、そこで様々なメロディーと出会い、今日知られるスタイルに定着していったようです。まずは、アメージンググレースの歌詞がどのような形で発表されたのかについて、その謎に迫ります。

次のページ 「2.1779年の讃美歌集」へ進む→

アメージング・グレース 歌詞・メロディーのルーツ 目次

  1. はじめに
  2. 1779年の讃美歌集
  3. 歴代志のストーリー
  4. 感嘆するダビデ王
  5. 彷徨うメロディー
  6. NEW BRITAIN 誕生
  7. メロディーの国籍

関連ページ

アメイジング・グレイス 歌詞の意味・日本語訳
歌詞では、ある体験を通して神の恵みに目覚めたジョン・ニュートンの敬虔な心境がつづられている。
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
アメイジング・グレイス、森のくまさん、グリーン・グリーン、ドナドナなど、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ