アルメニアン・ダンス
Armenian Dances

アルフレッド・リード/アルメニアの民謡を素材とした吹奏楽曲

『アルメニアン・ダンス』は、、アメリカの作曲家アルフレッド・リード(Alfred Reed)が作曲した吹奏楽曲。アルメニアの民謡を素材としている。

写真:伝統的なアルメニアン・ダンス(民族舞踊)

『アルメニアン・ダンス パート1』は、5つのアルメニア民謡が続けて演奏される単一楽章、『アルメニアン・ダンス パート2』は、アルメニア民謡に基づく3つの楽章からなる。

日本においては、作曲から30年以上経った現在も人気があり、全日本吹奏楽コンクールの自由曲や演奏会のプログラムの1曲として取り上げる学校・団体が多い。

特に《パート1》は、変化に富んだ曲想から吹奏楽における古典的名曲として好まれ、演奏会のメインプログラムに全4曲が選定されることもある。

アルメニアン・ダンス 全曲収録CD

佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラの記念すべき最初のコンサート「ブラスの祭典ライヴ2004」で演奏された楽曲「アルメニアン・ダンス」の全曲盤のCD化

定番の吹奏楽曲、有名な器楽曲

【試聴】アルメニアン・ダンス Armenian Dances パート1

【試聴】アルメニアン・ダンス Armenian Dances パート2