冬の旅 シューベルト Winterreise

シューベルト晩年に完成された絶望と悲しみの歌曲集

「冬の旅」作品89(D911)は、シューベルトが亡くなる一年前の1827年に作曲した連作歌曲集。『菩提樹(ぼだいじゅ)』が特に有名。

歌詞はドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集に基づく。2部に分かれた24の歌曲からなる。

失恋した若者が、絶望と悲しみの中で、街を捨ててさすらいの旅を続けていく様子が描写されている。

ベートーヴェンの死が大きな打撃に

シューベルトの健康は、1823年に体調を崩し入院して以来、下降に向かっていた。経済的にも困窮し、性格も暗くなり、次第に死について考えるようになっていった。

とりわけ、ベートーヴェンの死は彼に大きな打撃を与えた。シューベルトはこの詩集の若者の姿に自分を投影したとも言われている。

1828年、シューベルトは突然腸チフスに冒され、2週間の闘病の後、11月19日に兄フェルディナントの家で死去した。まだ31歳9ヶ月の若さであった。

冬の旅 曲目一覧

歌曲集・冬の旅 対訳と分析

第1部

おやすみ Gute Nacht
風見の旗 Die Wetterfahne
凍った涙 Gefrorne Tränen
氷結 Erstarrung
菩提樹 Der Lindenbaum
溢れる涙 Wasserflut
川の上で Auf dem Flusse
回想 Rückblick
鬼火 Irrlicht
休息 Rast
春の夢 Frühlingstraum
孤独 Einsamkeit

第2部

郵便馬車 Die Post
霜おく頭 Der greise Kopf
烏 Die Krähe
最後の希望 Letzte Hoffnung
村にて Im Dorfe
嵐の朝 Der stürmische Morgen
まぼろし Täuschung
道しるべ Der Wegweiser
宿屋 Das Wirtshaus
勇気 Mut
幻の太陽(三つの太陽) Die Nebensonnen
辻音楽師 Der Leiermann

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴

【試聴】『おやすみ Gute Nacht』 シューベルト「冬の旅」より

【試聴】終曲『辻音楽師 Der Leiermann』 シューベルト「冬の旅」より

関連ページ

シューベルトの有名な曲・代表曲
『魔王』、『アヴェマリア』、『野ばら』など、シューベルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴