おもちゃの交響曲(シンフォニー)
Toy Symphony

レオポルト・モーツァルト(Leopold Mozart/1719-1787)

『おもちゃの交響曲(おもちゃのシンフォニー)』は、一般的に、アマデウス・モーツァルトの父レオポルト・モーツァルト作曲とされる小交響曲。

レオポルト・モーツァルトの作曲とされるカッサシオン(Cassation in G major for toys, 全7曲)が1951年にバイエルン州立図書館から発見され、その一部が『おもちゃの交響曲』と同一であるとされた。

なお、作曲者については、オーストリア・チロル地方出身の作曲家でベネディクト会の神父エトムント・アンゲラー(Edmund Angerer)とする説も有力。

また、この交響曲が最初に出版された時、作曲者としてハイドン、またタイトルとして『こどもの交響曲』が出版社の判断で付けられた。

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴

おもちゃの交響曲~レオポルト・モーツァルト名曲集

おもちゃの交響曲~レオポルト・モーツァルト名曲集

手頃な値段のレオポルト・モーツァルト名曲集。タイトル曲『おもちゃの交響曲』も収録。全曲試聴あり。

【試聴】おもちゃの交響曲(おもちゃのシンフォニー)

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴