ソナチネ第1番(モーツァルト)

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『ソナチネ第1番』(K.V.439b)は、モーツァルト作曲「6つのウィーンソナチネ」第1番目の楽曲。

原曲は、2本のクラリネット(バセットホルン)と2本のファゴットのための「ディヴェルティメント Divertimento」。

編曲者については確たる資料が残されていない。ウィーンで作曲されたため"ウィーンのソナチネ"とも呼ばれる。

第4楽章アレグロは、日本では人気テレビ番組「いきなり!黄金伝説」の料理シーンでBGMとして頻繁に使用され、メロディーは広く知られている。

ちなみに、写真はウィーン中心部にある5つ星ホテル「ホテル・ザッハー Hotel Sacher」の売店。ホテルはウィーン国立歌劇場の隣にある。

【試聴】モーツァルト ソナチネ第1番 第4楽章

ウィーン名物ザッハトルテについて

オーストリアの代表的なお菓子「ザッハトルテ(ザッハートルテ) Sachertorte」は、ホテル・ザッハー創業者エドゥアルト・ザッハーの父フランツ・ザッハーが1832年に考案した。

ザッハトルテのレシピは門外不出とされたが、財政難のホテル・ザッハーがウィーンの王室ご用達のケーキ店「デメル」から資金援助を受けた際、その代償としてザッハトルテの販売権が譲渡されたという。

写真:ホテル・ザッハーのザッハトルテ

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴