ラウダーテ・ドミヌム Laudate Dominum
モーツァルト「ヴェスペレ」第5曲

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『ラウダーテ・ドミヌム Laudate Dominum』は、モーツァルト作曲「ヴェスペレ Vesperae solennes de confessore K. 339」(証聖者のための晩課)第5曲。

その美しい旋律から、演奏会・コンサートなどで単独で演奏される機会も少なくない。

ヴェスペレ(Vespers 晩課)とは、正教会の晩の奉神礼、およびカトリック教会の晩の典礼をいう。

「Laudate Dominum ラウダーテ・ドミヌム(ラウダテ・ドミヌム)」とは、「主をほめたたえよ」を意味する。

写真:Church of the Ascension, Episcopal (Manhattan)

Odyssey (Japanese Bonus Track Version) - ヘイリー

ディーヴァ - キャサリン・ジェンキンス

【Amazon MP3】

Laudate Dominium (Mozart) 試聴・ダウンロード

【無料楽譜ダウンロード CPDL】

Laudate Dominum (Wolfgang Amadeus Mozart)

<ダウンロード方法>

「CPDL #00735:」、「CPDL #00300:」などの右側にあるPDFアイコンをクリック

有名な讃美歌・聖歌 解説と試聴

【試聴】ラウダーテ・ドミヌム Laudate Dominum

歌詞(詩篇117篇)・日本語訳(意訳)

Laudate Dominum omnes gentes
Laudate eum, omnes populi
Quoniam confirmata est
Super nos misericordia eius,

主を讃えよ 全ての国よ
主を讃えよ 全ての民よ
主の慈悲と真は
永久に私達を超えて力強い

Et veritas Domini manet in aeternum.
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto.
Sicut erat in principio, et nunc, et semper.
Et in saecula saeculorum.
Amen.

父と子と聖霊に栄光あれ
始まりも 今も 永遠に世代を超えて
アーメン

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴