ホルン協奏曲第1番(モーツァルト)

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『ホルン協奏曲第1番ニ長調』(K.412)は、モーツァルトによる独奏ホルンと管弦楽のための協奏曲第1番。

第1楽章アレグロ(Allegro)、第2楽章ロンド、アレグロ(Rondo、Allegro)の2楽章で構成される。

日本では、第1楽章が人気テレビ番組「いきなり!黄金伝説。」料理シーンのBGMとして使用され、曲名は別としてメロディーは広く知られている。

モーツァルト:ホルン協奏曲全集
チェコ・フィルの首席を長く務めたティルシャルの代表的な録音。ホルンの響きの美しさを最大限に引き出した、繊細で豊かな演奏だ。

【試聴】モーツァルト ホルン協奏曲第1番

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴