夜の女王のアリア
復讐の炎は地獄のように我が心に燃え

モーツァルト 歌劇『魔笛』第2幕より

『夜の女王のアリア(復讐の炎は地獄のように我が心に燃え)』は、モーツァルトの歌劇『魔笛(まてき/The Magic Flute K.620)』の第2幕に登場するアリア。

原題は「Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen」。英題は「Hell's vengeance boils in my heart」。

歌劇『魔笛』は、モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラ。初演は1791年9月30日ヴィーデン劇場。

台本は興業主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書き上げた。

写真:モーツァルト生誕の地 ザルツブルク旧市街の夜景(オーストリア)

オペラ・歌劇特集へ

【試聴】モーツァルト『夜の女王のアリア』

歌劇『魔笛』 前半のあらすじ・ストーリー

モーツァルト:魔笛 全曲
モーツァルト:魔笛 全曲

歌劇『魔笛』の舞台は、時代不詳のエジプト。高僧ザラストロに娘をさらわれた(と思っている)夜の女王は、王子タミーノに娘パミーナの救出を依頼する。

パミーナの肖像画を見て一目惚れした王子タミーノは、この依頼を喜んで引き受けた。お供として、鳥を捕まえて女王に献上して暮らしていた鳥刺しのパパゲーノを連れて行った。

高僧ザラストロは悪人と聞いていた二人だったが、何度かやり取りするうちに、どうやらそれは夜の女王の誤解だったことに気が付く。本当に悪いのは、ザラストロの神殿の番人モノスタトスだったのだ。

女王の娘パミーナに密かに恋心を抱いていたが、ザラストロに叱責されたモノスタトスは、密かに夜の女王への寝返りを計画していた・・・。

『可愛い娘か女房がいれば』 オペラ『魔笛』より

『俺は鳥刺し(パパゲーノのアリア)』 オペラ『魔笛』より

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴