トランペット・ヴォランタリー
Trumpet Voluntary

ジェレマイア・クラーク(Jeremiah Clark/1674-1707)

『トランペット・ヴォランタリー(Trumpet Voluntary)』は、ジェレマイア・クラーク作曲のチェンバロ曲「デンマーク王子の行進曲」をH.パーセルがトランペット用に編曲して有名になった曲。

「ヴォランタリー」とは、教会の礼拝前後とその合間に演奏されるオルガンの曲のこと。結婚式のBGMとして用いられることがある。

結婚式で歌われる曲・流れるBGM特集へ

岡野貞一作曲「春が来た」のメロディーとそっくり?

『トランペット・ヴォランタリー(Trumpet Voluntary)』の一部のメロディーは、日本の童謡『春が来た』(作曲:岡野貞一)と非常に良く似ている。日本人なら思わず「春が来~た~春が来~た~♪」と歌い出したくなるほどだ。

なお、童謡『春が来た』とよく似た旋律を持つクラシック曲は他にもある。例えば、モーツァルト交響曲第23番から第3楽章、ヘンデル歌劇「リナルド」から第1幕、第6景など、色々な所で「春が来た」のかけらを探すことができるようだ。

【関連ページ】 元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディー研究室

【試聴】トランペット・ヴォランタリー

【試聴】春が来た(岡野貞一)

関連ページ

トランペットの有名な曲・名曲
トランペットが印象的に用いられる有名なクラシック音楽の名曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴