クリーガー:メヌエット

リコーダー、ピアノ、ギターなどでやさしく弾ける名曲

クリーガー「メヌエット」は、17世紀ドイツの作曲家ヨハン・フィリップ・クリーガー(Johann Philipp Krieger/1649-1725)による楽曲。

日本では小学校の音楽の教科書でリコーダー二重奏曲として用いられるほか、低学年・初学者向けのピアノ曲・ギター練習曲としても広く親しまれている。

ヨハン・フィリップ・クリーガーは、ドイツのニュルンベルク出身(上写真は現在の町並み)。デンマークやノルウェー、イタリアなど世界各地で教会オルガニスト・宮廷オルガニストとして活躍した。

その後、ドイツのザクセン=アンハルト州ハレ (ザーレ)で、ヘンデル一族のロジーネ・ヘレネ・ニコライと結婚し、ヘンデルの音楽家としての才能を見出したという(ハレはヘンデルの出生地)。

【試聴】 ピアノ演奏 クリーガー:メヌエット

【試聴】 ギター演奏 クリーガー:メヌエット

関連ページ

有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
リコーダーの有名な曲・定番曲 小学校の音楽
『かっこう』、『こぎつねこんこん』、『茶色のこびん』、『キリマンジェロ』など、小学校の音楽の授業でリコーダー演奏される有名な曲・定番曲まとめ