グノシエンヌ 第1番

エリック・サティ(Erik Satie/1866-1925)

『グノシエンヌ 第1番 Gnossiennes No 1』は、フランスの作曲家エリック・サティが1890年に作曲したピアノ曲。

全部で6曲あり、24歳の時に作曲した第1番~第3番は"3つのグノシエンヌ"として知られている。

写真:アッタロスの柱廊(ギリシャ・アテネ)

1889年のパリ万国博覧会を訪れたサティは、そこで民族舞踊合唱団を通じてルーマニア音楽、ジャワのガムラン音楽、ハンガリーの音楽などに触れた。

これら異国の音楽から受けた強いインスピレーションが『グノシエンヌ』に反映されているという。

なお、『グノシエンヌ』とは「知る」というギリシア語の動詞の語幹をもとにして作ったサティの造語。また、古代クレタ島にあった古都「グノーソス宮」とも神秘教会グノーシス派とも言われ、古代ギリシャの詩の脚韻を踏んだリズムが伴奏部に使われている。

【試聴】グノシエンヌ 第1番

グノシエンヌ収録CD

サティ・ピアノ作品集

演奏はフランスのピアニスト、パスカル・ロジェ(Pascal Rogé/1951-)