葬送行進曲(ショパン)
ピアノソナタ第2番 第三楽章

フレデリック・ショパン(Frederic Francois Chopin/1810-1849)

『ピアノソナタ第2番』(変ロ短調 作品35)は、ショパンの1839年の作品。第3楽章は数ある葬送行進曲の中でも特に有名。

鐘を鳴らすような主題が次第に近づくように大きくなり、なぐさめるようなトリオの後、最初の主題が現れて次第に去ってゆく。

全体に悲劇的かつ陰鬱で、葬送行進曲が用いられていることなどから、当時のポーランドの悲劇的状況を反映したものではないかとも言われるが、ショパンの真意は定かでない。

上写真:ワジェンキ公園のショパン像(ポーランド・ワルシャワ)

【試聴】ショパン 葬送行進曲

ショパン:ピアノソナタ第2番&第3番

ショパン:ピアノソナタ第2番&第3番人気・実力とも絶頂を極め、現代屈指の名ピアニストとして称賛されるアルゲリッチ。鮮やかな技巧を駆使して、迸るような情熱と雄大なスケールで、感興豊かに演奏している。

関連ページ

ショパンの有名な曲・代表曲
『幻想即興曲』、『ノクターン』、『別れの曲』など、フレデリック・ショパンのショパンの有名な曲・代表曲まとめとYouTube動画の試聴