英雄 エロイカ 交響曲第3番

ベートーヴェン/Sinfonia Eroica, Symphony No. 3

ベートーヴェン:交響曲第3番 カラヤン指揮

交響曲第3番「英雄」作品55は、ベートーヴェン(ベートーベン)が作曲した3番目の交響曲。「エロイカ eroica」とも呼ばれる。

フランスの英雄ナポレオンを讃える曲として作曲されたが、完成後まもなくナポレオンが皇帝に即位。

「彼もまた俗物であったか」とベートーヴェンは激怒し、献呈辞が書いてある表紙を破り取ったという逸話・エピソードは有名。

エピソードは本当なのか?

しかし、ウィーン楽友協会に現存する実際の楽譜には表紙を破り取った形跡はないという。

実際には、「ボナパルト」という題名とナポレオンへの献呈辞をペンでかき消した上に、「シンフォニア・エロイカ(英雄的交響曲)」と改題され、「ある英雄の思い出のために」と書き加えられている。

フルトヴェングラー指揮 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
数あるフルトヴェングラーの「エロイカ」のなかでも最も正統的で風格もある演奏がこの52年のムジークフェラインでの録音。

【試聴】ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」

関連ページ

ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴