告別 ピアノソナタ第26番

ベートーヴェン/Les Adieux sonata, Op. 81a

ピアノソナタ第8番&第14番&第23番&第26番

『告別(Das Lebewohl)』は、ベートーヴェン(ベートーベン)のピアノソナタ第26番変ホ長調作品81a。

ナポレオン軍の侵攻を避けてウィーンを逃れたルドルフ大公のエピソードが曲に織り込まれているという。ルドルフ大公は、ベートーヴェンの親しい友人。

ベートーヴェン自身が命名

標題の『告別』は、作曲者自身が命名したもの。なお、ベートーヴェン自身が楽曲に標題を与えることは珍しく、この第26番『告別』以外に命名したピアノソナタは、第8番『悲愴』しかない。

各楽章にも副題が与えられている。第一楽章『告別(Das Lebewohl)』、第二楽章『不在(Die Abwesenheit)』、第三楽章『再会(Das Wiedersehen)』とされ、ストーリーがわかりやすく表現されている。

出版社が勝手につけたフランス語の標題

『Les Adieux Sonata』というタイトルが付される場合があるが、これは出版元のブライトコプフ・ウント・ヘルテル社がフランス語で独自につけたもの。

これに対しベートーヴェンは、「lebewohlはles adieuxとは全く違うものである。前者は心から愛する人にだけ使う言葉であり、後者は集まった聴衆全体に対して述べる言葉だ」と、出版社に手紙で抗議したとされている。

この曲が、親交の深かったルドルフ大公のために作曲され、ベートーヴェン自身があえて標題を命名したことを考えれば、出版社の軽率さには言葉を失うばかりだ。

【試聴】Beethoven Piano Sonata No.26 Das Lebewohl

関連ページ

ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴