ヨハネ受難曲

J. S. バッハ (Johann Sebastian Bach/1685-1750)

『ヨハネ受難曲 Johannes-Passion / St John Passion』(BWV245)は、J. S. バッハが1724年4月にトマス教会(ライプツィヒ)で初演した受難曲。

『ヨハネ受難曲』が初演されたこの年は、バッハがトマス教会のカントール(指揮者・指導者)に就任してから最初の四旬節・復活祭を迎えた年であった。

関連ページ:イースター(復活祭)とは?

マタイ受難曲』と同様に、聖書のストーリーを福音史家(エヴァンゲリスト)役のテノールがレチタティーヴォで朗誦していく。

マタイ受難曲』では「最後の晩餐」から物語が始まるが、『ヨハネ受難曲』ではいきなり冒頭から「イエス捕縛」という急展開のストーリー構成となっている。

【試聴】 Bach, Johannespassion. Karl Richter

曲目一覧

第一部

全体合唱 第1曲

イエス捕縛 第2-7曲/ヨハネ第18章1-14節

ペテロの否認 第8-14曲/ヨハネ第18章15-27節、マタイ第26章75節

第二部

尋問と鞭打ち 第15-20曲/ヨハネ第18章28-40節、第19章1節

死刑判決と十字架付け 第21-26曲/ヨハネ第19章2-22節

イエスの死 第27-32曲/ヨハネ第19章23-30節

墓への埋葬 第33-40曲/マタイ第27章51-52節、ヨハネ第19章31-42節

第1曲 合唱 歌詞の意味

Herr, unser Herrscher, dessen Ruhm
In allen Landen herrlich ist!

主よ、われらを治めたまう主よ、あなたの栄誉は
全地に輝きわたっています!

Zeig uns, durch deine Passion,
Daß du, der wahre Gottessohn,
Zu aller Zeit,
Auch in der größten Niedrigkeit,
Verherrlicht worden bist!

お示しください。あなたの受難を通し、
真の神の子であるあなたが、
あらゆる時に、辱めのどん底にあっても、
栄光を受けておられた事を!

<歌詞対訳:国井健宏>

関連ページ

イースター(復活祭)とは?
キリスト教圏における重要な年中行事「イースター(復活祭)」まとめ
J.S.バッハの有名な曲・代表曲
『主よ人の望みの喜びよ』、『G線上のアリア』、『無伴奏チェロ組曲』、『メヌエット』など、J.S.バッハの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴