ピアノ協奏曲第1番 ニ短調

J. S. バッハ/Piano Concerto In D minor, BWV1052

『ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052』は、バッハ作曲によるピアノ(チェンバロ/ハープシコード)1台向けの協奏曲。

バッハのチェンバロ協奏曲の中で最も完成度が高く有名な作品。1738年から1739年頃にかけて作曲されたと考えられている。

第1楽章、第2楽章は、カンタータ第146番「われら多くの苦難を経て」に、第3楽章はカンタータ第188番「われはわが信頼を」の序曲に転用されている。

近代音楽の父バッハ特集へ

有名なクラシック音楽・名曲・代表曲

【試聴】ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 第1楽章

バッハ:P協奏曲第1&2&3&4&5&7番

バッハ:P協奏曲第1&2&3&4&5&7番

グールドは,ソロのときだけでなく協奏曲の場合にも,彼独自の演奏美学を貫いている。デフォルメの限りを尽くしているというほどではないが,とくに,いくつかの緩徐楽章における強烈な旋律線とその立体感の実現などは,彼の特色を端的に示している。

関連ページ

J.S.バッハの有名な曲・代表曲
『主よ人の望みの喜びよ』、『G線上のアリア』、『無伴奏チェロ組曲』、『メヌエット』など、J.S.バッハの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴