主よ人の望みの喜びよ

J. S. バッハ/Jesu, Joy of Man's Desiring

『主よ人の望みの喜びよ Jesu, Joy of Man's Desiring』は、J. S. バッハによる教会カンタータ「心と口と行いと生活」の中で登場するメロディ。

教会カンタータ「心と口と行いと生活(Herz und Mund und Tat und Leben)」(BWV147)は、1723年7月2日の礼拝に用いられた。

鍵盤楽器の名手であったバッハは、その音楽的経歴の大部分を教会音楽家として送った。中でも教会カンタータは、バッハの作品群の中でも非常に重要な位置を占めている。

写真:バッハが後半生を過ごしたライプツィヒの聖トーマス教会(正面)

バッハが数多く手がけた「カンタータ」とは?

カンタータとは、一般にはオーケストラ伴奏付きの声楽曲を指し、1曲のカンタータは独唱曲(アリア)、重唱曲、合唱曲等の複数の楽曲から構成される。

演技、大道具、小道具、衣装を用いない点で、オペラとは異なる。 宗教的(キリスト教的)な題材を扱ったカンタータを「教会カンタータ」と呼び、特に物語性の強いものは「オラトリオ」と呼ばれる。

【試聴】主よ人の望みの喜びよ

関連ページ

J.S.バッハの有名な曲・代表曲
『主よ人の望みの喜びよ』、『G線上のアリア』、『無伴奏チェロ組曲』、『メヌエット』など、J.S.バッハの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴