羊は安らかに草を食み

J. S. バッハ/Was mir behagt, ist nur muntre Jagd!

『羊は安らかに草を食み』は、バッハ作曲のカンタータ『楽しき狩こそわが悦び』BWV208の第9曲。通称『狩のカンタータ Hunting Cantata』。『Sheep May Safely Graze』とも題される。

現存するバッハの世俗カンタータの中では最も古く、1713年2月27日のヴァイセンフェルス公クリスティアン(1682-1736)の誕生日に献呈された。

冒頭のアリアは、NHK-FM放送の長寿番組『バロックの森(あさのバロック)』オープニング曲に編曲され、日本では特に有名。

写真:J. S. バッハが後半生を過ごした聖トーマス教会(ライプツィヒ)の祭壇とJ. S. バッハの墓

バロック名曲特集へ

近代音楽の父バッハ特集へ

有名なクラシック音楽・名曲・代表曲

【試聴】アリア 羊は安らかに草を食み

【試聴】Sheep may safely graze 羊は安らかに草を食み

関連ページ

J.S.バッハの有名な曲・代表曲
『主よ人の望みの喜びよ』、『G線上のアリア』、『無伴奏チェロ組曲』、『メヌエット』など、J.S.バッハの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴