ジューン・ブライドの由来は? ~6月の花嫁~

6月の年中行事・記念日カレンダー

6月の花嫁は幸せになれるというジューン・ブライド。その由来については諸説あるが、一説にはローマ神話のジューノ(ユノ)が関係しているようだ。

ジューノ(ユノ)は「結婚」をつかさどる女神で、英語の「June(6月)」の語源となっている守護神。

結婚の女神に関連する6月に結婚をすれば、女神の加護を受けて幸せになれるというのが、この「ジューン・ブライド」というわけだ。

ただ、日本では6月は梅雨の時期。ジューンブライドを検討している人は、ライスシャワーが天然のシャワーにならないように、天気の神様にも十分にお祈りをしておくのが良いかもしれない。

結婚に関連するクラシック音楽

結婚式の賛美歌・クラシック音楽
結婚に関連するクラシック音楽の名曲や、実際に教会などで歌われる結婚関連の賛美歌の解説とYouTube動画の視聴
メンデルスゾーン 結婚行進曲
『夏の夜の夢』の9番目に登場する舞台音楽。結婚式の定番BGM。
ワーグナー 婚礼の合唱
・ワーグナー作曲の歌劇『ローエングリン(Lohengrin)』の劇中歌。若き花嫁よ、歩み行かれよ。

年中行事 関連ページ

6月の年中行事・記念日カレンダー
梅雨、衣替え、ジューンブライド、夏至、父の日、蛍狩り・蛍祭りなど、6月に行われる年中行事や記念日
年中行事・記念日カレンダー
日本と世界の年間行事、祝祭日、季節のイベント、暮らしの歳時記