火祭りの踊り ファリャ『恋は魔術師』

元夫の亡霊に悩まされるジプシー娘カンデーラの物語

スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャが1915年頃に作曲した組曲『恋は魔術師 El amor brujo』。中でも『火祭りの踊り Danza ritual del fuego』が特に有名で、単独での演奏機会も多い。ピアノ編曲も有名。

1925年にはバレエ化され、パリのトリアノン・リリック劇場において初演された。バレエ化と同時に、楽曲にも最終的な改訂が加えられている。

トリルや装飾音などの音楽的特徴から、リムスキー・コルサコフ『熊蜂の飛行(くまんばちは飛ぶ)』と関連付けて言及されることがあるようだ。

英語では『Ritual Fire Dance』(リチュアル・ファイヤー・ダンス)と表記される。フィギュアスケート女子シングルの浅田真央選手が2016-2017シーズンにおけるプログラム曲に使用した際には、単に『リチュアル・ダンス』とされた。

あらすじ・ストーリーは?

『恋は魔術師』では、元夫の亡霊に悩まされるジプシー娘カンデーラ(Candela)が主人公として描かれる。友人のジプシー娘達に協力してもらい、除霊の儀式「火祭りの踊り」が執り行われた。

時は真夜中、焚き火を囲んで美しいジプシー娘達が舞いを捧げると、女好きだった元夫の亡霊がすぐに現れ、彼女達と一緒に踊り始めた。

娘達のダンスは徐々にスピードを増していき、勢いが最高潮に達すると、亡霊は焚き火の中に吸い込まれ、そのまま永遠に消滅してしまった。

元夫の亡霊から解放されたジプシー娘カンデーラは、新たな恋人カルメロと結ばれハッピーエンディング。

【試聴】ファリャ『火祭りの踊り』 指揮:バレンボイム

【試聴】ピアノ版 演奏:Artur Rubinstein

【試聴】バレエ版

関連ページ

有名なバレエ音楽・バレエ作品
『ジゼル』、『コッペリア』、『椿姫』、『白鳥の湖』など、有名なバレエ音楽・バレエ作品の解説とYouTube動画の試聴
フィギュアスケート 浅田真央選手のプログラム曲
バレエ音楽『恋は魔術師』、ショパン『ノクターン』、フランツ・リスト『愛の夢 第3番』、『仮面舞踏会』など、フィギュアスケート女子シングルの浅田真央選手がプログラムに使用した楽曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴