ヴォルガの舟歌 ロシア歌曲

エイコーラ! 掛け声あわせ舟を曳くロシアの男達

『ヴォルガの舟歌(ボルガの舟歌)』は、世界的に有名なロシア民謡。ロシアの音楽家バラキーレフ(Mily Balakirev/1837–1910)により紹介された。

バラキーレフが提示したのは最初の1小節のみで、残りの2小節は後に付け加えられたものだという。

ロシア出身のオペラ歌手シャリアピン(Chaliapin/1873-1938)によって広められ、以後オペラ歌手のレパートリーとして長年愛好された。

アメリカでは、『茶色の小瓶』などで知られるグレン・ミラー楽団が、1941年に『ヴォルガの舟歌』でチャート1位を獲得している。

ちなみに挿絵は、ロシアの画家イリヤ・レーピンによる絵画『ヴォルガの舟曳き』。はしけを川上に引いて歩く船曳き人夫が描かれている。

マライア・キャリー

Best of the Red Army Choir 【輸入盤】 アレクサンドロフ・アンサンブルによるロシア歌曲集。CD2枚組で全32曲収録。

【試聴】ヴォルガの舟歌 The Volga Boatmen's Song

『最上川舟唄』との関係は?

昭和11年(1936年)にNHKの企画で作曲された山形県の新民謡『最上川舟唄』(もがみがわふなうた)では、「ヨーイサノマガショー エンヤコラマカセー♪」という印象的な掛け声が唄い込まれている。

作曲者の後日談によれば、この『最上川舟唄』の掛け声は、『ヴォルガの舟歌(ボルガの舟歌)』から大きなヒントを得ているという。

【試聴】歌:民謡日本一の山形娘・朝倉さや『最上川舟唄』

関連ページ

有名なロシア民謡・歌曲
「カチューシャ」、「トロイカ」、「カリンカ」など、有名なロシア民謡・歌曲の解説と視聴、歌詞・日本語訳
ステンカ・ラージン
ヴォルガ川で名を馳せたコサックの頭領ステンカ・ラージンが題材
仕事の歌(ドゥビヌシカ)Dubinushka
大きな丸太を運ぶ労働者の歌
シーシャンティ・船乗りの歌
イギリスの船乗りたちの労働歌シーシャンティ(Sea Shanty)
最上川舟唄 歌詞の意味
ヨーイサノマガショー エンヤコラマカセー♪