佐渡おけさ 新潟県民謡

佐渡へ佐渡へと草木もなびくヨ 佐渡は居よいか住みよいか

新潟県佐渡市の民謡『佐渡おけさ』のルーツ・由来と代表的な歌詞についてまとめ。

『佐渡おけさ』のルーツは、熊本県天草市の民謡『牛深ハイヤ節』(うしぶかハイヤぶし)。江戸時代から牛深港に伝わる酒盛り歌で、船乗り達によって港から港へ伝えられていった。

写真:佐渡金山 入口(新潟県佐渡市/出典:Wikipedia)

【試聴】佐渡おけさ

【試聴】 佐渡おけさの踊り(おけさ会)

代表的な歌詞(囃子詞は割愛)

  • ハアー 佐渡へ  佐渡へと草木もなびくヨ 佐渡は居よいか 住みよいか
  • ハアー 佐渡へ 八里のさざ波こえてヨ 鐘が開える 寺泊
  • ハアー 佐渡へ 来てみよ 夏冬なしにヨ 山にゃ黄金の 花が咲く
  • ハアー 雪の 新潟吹雪にくれてヨ 佐渡は寢たかよ 灯が見えぬ
  • ハアー 來いと ゆたとて行かりよか佐渡へヨ 佐渡は四十九里 波の上
  • ハアー 波の 上でもござるならござれヨ 船にゃ櫓もある 櫂もある
  • ハアー 佐渡の 金北山はお洒落な山だヨ いつも加茂湖で 水鏡
  • ハアー 花に 誘われ雲雀にゃ呼ばれヨ 今日も出て行く 春の山
  • ハアー 明日は お発ちかお名残惜しやヨ せめて波風穏やかに
  • ハアー 島の 乙女の黒髪恋しヨ またも行きたや 花の佐渡
  • ハアー おけさ 踊りについうかうかとヨ 月も踊るよ 佐渡の夏

関連ページ

地元の民謡・ご当地ソング
「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡、地名の入った歌