おもちゃのチャチャチャ

みんなスヤスヤ眠るころ おもちゃは箱をとびだして…

『おもちゃのチャチャチャ』は、作詞:野坂昭如、吉岡治、作曲:越部信義による日本の童謡。夜にこっそりダンスパーティを始める愉快なおもちゃ達を描く。

1962年(昭和37年)にNHK幼児音楽番組「うたのえほん」で放送され、翌年の第5回日本レコード大賞で童謡賞を受賞した。

「チャチャチャ(cha-cha-chá)」とは、ラテン音楽のダンス・リズムで、「おもちゃ」の「ちゃ」の音で韻を踏んでいる。

2007年には、親子で長く歌い継いでほしい童謡・唱歌や歌謡曲など101曲を選定した「日本の歌百選」に選ばれている(文化庁・日本PTA全国協議会)。

【試聴】おもちゃのチャチャチャ 歌詞

作者について

作詞者の野坂昭如(のさか あきゆき/1930-2015)は、『おもちゃのチャチャチャ』以外にも、CMソングの作詞や作家・歌手・タレント・政治家などマルチな活動で功績を残した。短編小説「火垂るの墓」(ほたるのはか)は特に有名。

写真:野坂昭如の短編小説「火垂るの墓」新潮文庫

作曲者の越部信義(こしべ のぶよし/1933-)は、『勇気一つを友にして』、『はたらくくるま』、『みなしごハッチ』作曲などでも知られている。

ドラマ『男女7人夏物語』主題歌について

余談だが、日本における「チャチャチャ」と言えば、『おもちゃのチャチャチャ』以外にもう一つ、1986年のドラマ「男女7人夏物語」主題歌が思い出される。

結婚前の明石家さんまと大竹しのぶが主演した元祖トレンディドラマで、石井明美が歌う主題歌『CHA-CHA-CHA』(チャ・チャ・チャ)も大ヒットを記録(カバー曲)。翌年の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用された。

ドラマ「男女7人夏物語」が放送された1986年は、日本におけるバブル景気が始まった年でもあり、主題歌『CHA-CHA-CHA』は日本のバブル幕開けを象徴する曲として今も存在感を放っている。

関連ページ

はたらくくるま
フジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」で1980年代に放送された子供向けのうた。作詞:伊藤アキラ、作曲:越部信義。
おもちゃのマーチ
やっとこやっとこ くりだした おもちゃのマーチが らったった
おもちゃの兵隊の行進曲 イェッセル
キューピー3分クッキング テーマ曲
おもちゃの交響曲(シンフォニー)
以前はハイドンやモーツァルト父の作品とされていた小交響曲