ブルーハワイ Blue Hawaii
エルヴィス・プレスリー

ハワイアン/エルヴィス・プレスリー主演の映画でリバイバルヒット

『ブルーハワイ(Blue Hawaii)』は、1937年のアメリカ映画「ワイキキの結婚(Waikiki Wedding)」の挿入歌・ハワイ風ポップス

主演のビング・クロスビー(Bing Crosby/1903-1977)が歌った。後にエルヴィス・プレスリー主演の映画「ブルーハワイ」(1961年アメリカ)の主題歌としてリバイバルヒットした。

映画「ブルーハワイ」では、タイトルの『ブルーハワイ(Blue Hawaii)』の他、『アロハオエ(Aloha Oe)』、『ハワイアン・ウェディングソング(Hawaiian Wedding Song)』などの南国ムード漂うハワイアンが随所に用いられいてる。

エルヴィス・プレスリーの名曲『好きにならずにいられない(Can't Help Falling in Love)』(原曲:『マルティーニ 愛の喜び』)もこの映画からのシングルカットだ。

ちなみに、ブルーハワイといえば、ハワイの青い海をイメージしたラムベースのカクテルが有名だ。ホワイトラムにブルーキュラソー、パイナップルジュース、レモンジュースなどを加え、クラッシュした氷を詰めたグラスに注いでいく。フルーツやランの花などで飾れば気分はもうワイキキビーチだ。

【試聴】ブルーハワイ Blue Hawaii

関連ページ

有名なハワイ音楽 ハワイアン・ミュージック
『アロハオエ』、『カイマナヒラ』など、日本でも有名なハワイ音楽、ハワイアン・ミュージックの名曲まとめ