リリー・マルレーン Lili Marleen

戦場の兵士たちはラジオに聴き入り 故郷を懐かしんで涙した

『リリー・マルレーン Lili Marleen』は、第二次世界大戦中の兵士らの間で大流行したドイツの歌謡曲・行進曲

ドイツ軍によるラジオ放送で『リリー・マルレーン』が流れると、戦場の兵士たちはラジオから流れる音楽に聴き入り、故郷を懐かしんで涙したという。

ララ・アンデルセン

やがて『リリー・マルレーン』は連合軍の兵士たちにも広まり、北アフリカ戦線のイギリス軍司令部は同曲が流れるドイツ軍の放送を聞くことを禁じていたそうだ。

1939年に『リリー・マルレーン』をレコーディングしたドイツの女優・歌手ララ・アンデルセン(Lale Andersen/1905-1972)(上写真)の自伝によれば、訳者によるあとがきで、当時の流行ぶりについて次のような解説がなされている。

行進曲としては使いものにならないこのララの歌が、ベオグラード放送のプログラムの最後に、アフリカの砂漠にひびきわたると、両軍の武器はともに鳴りをひそめ、数分間は戦争が忘れられて、敵も味方もひとしく故郷のことを夢見たのであった。

<引用:ララ・アンデルセン「リリー・マルレーン:歌手ララの愛と人生」辻優子訳/中央公論社 1981年

YouTube動画の視聴

歌詞の意味・和訳

Vor der Kaserne
Vor dem großen Tor
Stand eine Laterne
Und steht sie noch davor
So woll'n wir uns da wieder seh'n
Bei der Laterne wollen wir steh'n
|: Wie einst Lili Marleen. :|

兵舎の大きな門の前に
街灯が立っていたね
今もあるのなら
そこでまた会おう
街灯のそば 僕らは一つ
リリー・マルレーン

Unsere beide Schatten
Sah'n wie einer aus
Daß wir so lieb uns hatten
Das sah man gleich daraus
Und alle Leute soll'n es seh'n
Wenn wir bei der Laterne steh'n
|: Wie einst Lili Marleen. :|

二人の影が重なり
一つに溶けていく
愛しあっていた僕ら
ひと目で分かるほどに
街灯のそば 僕らは一つ
リリー・マルレーン

関連ページ

ドイツ軍歌・行進曲 有名な歌
『旧友』、『パンツァーリート(戦車の歌)』、『エリカ(エーリカ)』など、有名なドイツの軍歌・行進曲まとめ
有名なドイツ民謡・童謡・歌曲
『ローレライ』、『かっこう』、『野ばら』など、有名なドイツ民謡・歌曲(リート)の歌詞・日本語訳