フラッシュダンス 主題歌 歌詞の意味・和訳

1980年代を代表する映画主題歌『Flashdance... What a Feeling』

『フラッシュダンス… ホワット・ア・フィーリング』(Flashdance... What a Feeling)は、1983年の映画「フラッシュダンス」主題歌。アカデミー歌曲賞受賞曲。

日本では、1983年のドラマ「スチュワーデス物語」主題歌として日本語カバーされた。同曲を歌った麻倉未稀は、翌年のドラマ「スクール☆ウォーズ」でも主題歌『ヒーロー』を歌っている(原曲は『Holding Out for a Hero』)。

フラッシュダンス 映画 Blu-ray

作曲者のジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)は、イタリア出身の音楽プロデューサー。シンセサイザーを活用した楽曲を数多く残している。

「フラッシュダンス」の他にも、映画「ネバーエンディング・ストーリー(The NeverEnding Story)」(1984年)や、映画「トップガン」(1986年)など、1980年代の大ヒット映画の主題歌・サントラを手がけている。

作詞者のキース・フォーシイ(Keith Forsey)は、映画「ネバーエンディング・ストーリー」主題歌『THE NEVER ENDING STORY』でも歌詞を担当した。

このページでは、映画「フラッシュダンス」主題歌『Flashdance... What a Feeling』について、英語の歌詞の意味・和訳を掲載する。

【YouTube】 Flashdance What A Feeling (Official Music Video)

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Flashdance... What a Feeling』

作曲:ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)

作詞:キース・フォーシイ(Keith Forsey)/アイリーン・キャラ(Irene Cara)

歌:アイリーン・キャラ(Irene Cara)

First when there's nothing
But a slow glowing dream
That your fear seems to hide
Deep inside your mind

最初は何もなかった
あったのは ほのかに輝く夢だけ
でもそれは 怖くて隠れていたみたい
心の奥深くに

All alone, I have cried
Silent tears full of pride
In a world made of steel
Made of stone

ずっと一人で泣いてた
静かに流した涙は
プライドでいっぱい
冷たい鋼と石の世界で

Well, I hear the music
Close my eyes, feel the rhythm
Wrap around
take a hold of my heart

ああ 音楽が聞こえてくる
目を閉じて リズムを感じて
包み込むように
自分の心を捉えるの

What a feeling
Being's believing
I can have it all
Now I'm dancing for my life

なんて気持ちなの
生きることは信じること
すべてを手に入れられる
今わたしは踊ってる
自分の人生のために

Take your passion
And make it happen
Pictures come alive
You can dance right through your life

情熱を持って
実現させるの
思い描いた夢は現実となる
踊り続けるの 人生を通して

Now I hear the music
Close my eyes, I am rhythm
In a flash,
it takes hold of my heart

いま 音楽が聴こえてくる
目を閉じて リズムと一体になる
ほんの一瞬で
私の心をつかんでいく

What a feeling,
Being's believing
I can have it all
Now I'm dancing for my life

なんて気持ちなの
生きることは信じること
すべてを手に入れられる
今わたしは踊ってる
自分の人生のために

Take your passion
And make it happen
Pictures come alive
Now I'm dancing through my life

What a feeling

情熱を持って
実現させるの
思い描いた夢は現実となる
踊り続けるの 人生を通して

なんて気持ちなの

What a feeling
(I am music now)
Being's believing
(I am rhythm now)
Pictures come alive
You can dance right through your life

なんて気持ちなの
(私自身が音楽になる)
生きることは信じること
(私自身がリズムになる)
思い描いた夢は現実となる
踊り続けるの 人生を通して

関連ページ

洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ
そよ風の誘惑 Have You Never Been Mellow
リビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)が1975年にリリースしたポピュラーソング。椎名恵が『愛は眠らない』としてカバーし、堀ちえみ主演のドラマ「花嫁衣裳は誰が着る」主題歌として用いられた。
今夜は青春 Tonight Is What It Means to Be Young
日本のドラマ『ヤヌスの鏡』主題歌としてカバーされた映画サントラ
Holding Out for a Hero ヒーロー
映画「フットルース(Footloose)」挿入歌。歌:ボニー・タイラー(Bonnie Tyler)。ドラマ「スクール☆ウォーズ」主題歌『ヒーロー』として日本語カバーされた。
ネバーエンディング・ストーリー 主題歌 歌詞の意味・和訳
フラッシュダンス主題歌と同じ作詞・作曲コンビが手がけた人気ファンタジー映画の主題歌 歌詞の意味・和訳・YouTube動画