オール・バイ・マイセルフ All by Myself 歌詞の和訳

ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』のメロディが用いられた楽曲

『All By Myself』(オール・バイ・マイセルフ)は、アメリカの歌手エリック・カルメン(Eric Carmen/1949-)による1975年リリースのポップス。

1996年にはセリーヌ・ディオンが同曲をカバーし、アメリカのビルボード(U.S. Billboard Hot 100)で4位を記録した。

メロディの一部は、19世紀ロシアの作曲家ラフマニノフによる『ピアノ協奏曲第2番』第2楽章をアレンジしている。

セリーヌ・ディオン	My Love Essential Collection

ジャケット写真:セリーヌ・ディオン My Love Essential Collection

【YouTube】 Céline Dion - All By Myself

歌詞の意味・和訳(意訳)

『All By Myself』

作詞・作曲: エリック・カルメン(Eric Carmen)、セルゲイ・ラフマニノフ

When I was young
I never needed anyone
And making love was just for fun
Those days are gone

若い頃
私は誰も必要としてなかった
恋愛もただの遊びだった
そんな日々は過ぎたった

Livin' alone
I think of all the friends I've known
When I dial the telephone
Nobody's home

一人で暮らす中
知人らの事を考えて
電話してみるけど
誰も家にいない

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore

独りきりなんて
なりたくない
独りきりなんて
もういやなの

Hard to be sure
Sometimes I feel so insecure
And loves so distant and obscure
Remains the cure

確信を持つのは難しい
時々とても不安になる
そして愛はとても遠く曖昧なもの
それでも救いなの

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore

All by myself
Don't wanna live
All by myself
Anymore

独りきりなんて
なりたくない
独りきりなんて
もういやなの

独りきりで
もう暮らしたくない
独りきりなんて
もういやなの

When I was young
I never needed anyone
Making love was just for fun
Those days are gone

若い頃
私は誰も必要としてなかった
恋愛もただの遊びだった
そんな日々は過ぎたった

All by myself
Don't wanna be
All by myself
Anymore...

独りきりなんて
なりたくない
独りきりなんて
もういやなの

セリーヌ・ディオン関連曲

美女と野獣 Beauty and the Beast
ディズニーアニメ映画主題歌として数々の高い評価を受けた名曲
映画「タイタニック」主題歌 My Heart Will Go On
セリーヌ・ディオンの歌でアカデミー歌曲賞を受賞した映画主題歌
To Love You More セリーヌ・ディオン
ドラマ『恋人よ』主題歌として書き下ろされたセリーヌ・ディオンの楽曲
ゴッド・ブレス・アメリカ God Bless America
20年間お蔵入りの曲がケイト・スミスの歌声で国民的人気に

関連ページ

ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』
『All By Myself』(オール・バイ・マイセルフ)でアレンジされたメロディが用いられた
ラフマニノフの有名な曲・代表曲
ロマン派音楽を代表するロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフ (Sergei Rachmaninoff/1873-1943)による有名なクラシック音楽の名曲解説・YouTube動画まとめ。
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ