ウクライナ国歌

ウクライナ/Ukraine

ウクライナ国歌「ウクライナは滅びず」は、1862年にパヴロ・プラトノヴィチ・チュブンシキー が作詞し、1863年にムハイロ・ヴェルビツィキーが作曲したもの。

ロシア革命が起こった1917年に独立を宣言したウクライナの民族主義者によって国歌に採用され、ソビエト連邦に併合されるまで使用された。

ソ連から独立後、1992年に議会によりウクライナの国歌として復活し、2003年3月6日には最高議会でウクライナ国歌法案が成立。歌詞を一部修正の上、正式に国歌に採用された。

写真の建物は、ウクライナの首都キエフにある聖ミハイール黄金ドーム修道院。キエフ総主教庁ウクライナ正教会の修道院としてキエフの象徴となっている。

YouTube動画

歌詞の意味・和訳

Ще не вмерла України і слава, і воля,
Ще нам, браття молодії, усміхнеться доля.
Згинуть наші воріженьки, як роса на сонцwі.
Запануєм і ми, браття, у своїй сторонці.

ウクライナの栄光は滅びず 自由も然り
運命は再び我等に微笑まん
朝日に散る霧の如く 敵は消え失せよう
我等が自由の土地を自らの手で治めるのだ

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

自由のために身も心も捧げよう
今こそコサック民族の血を示す時ぞ!

関連ページ

世界の国歌 歌詞の意味・和訳
アメリカ、イギリス、フランス、ロシアなど、世界各国の国歌の歌詞と意味・和訳・YouTube動画まとめ