いいやつみつけた

キッズソング・子供向けの英語の歌

『いいやつみつけた』は、イギリス民謡『Pop! Go the Weasel』(イタチがぴょんと跳ねた)を原曲とする日本の子供向けの歌。

NHK「みんなのうた」では1965年6月に初回放送された(作詞:阪田寛夫)。日本の小学校などではフォークダンスの曲としても親しまれているという。

歌い出しの歌詞は「いたずらイタチが 裏の畑で ニワトリを見つけた」。下の写真はネコと仲良しのイタチ。

原曲のイギリス民謡『Pop! Go the Weasel』ではイタチとサルが登場するが、日本語版『いいやつみつけた』では、イタチとニワトリが主役として描写されている。

歌詞では、まずイタチがニワトリを見て、「いいやつみつけた 晩ごはんにしちゃえ スープもいいぞ」と食欲全開の捕食態勢に。

次にニワトリがイタチを見て、「いいやつみつけた エリマキにしちゃえ それともチョッキか」と毛皮の使い道をあれこれ考え始める。

でも、実は寂しかったイタチとニワトリ。結局仲良くなって、肩を組んで踊ってハッピーエンディング。仲良しがいいよね。

【試聴】いいやつみつけた/杉並児童合唱団

マザーグース・子供向けの英語の歌

関連ページ

イタチがぴょんと跳ねた Pop Goes the Weasel
『いいやつみつけた』の原曲