こだぬきポンポ

ポンポコ村の こだぬきポンポ ポンポコあの子は まだこない

『こだぬきポンポ』は、NHK「みんなのうた」で』1983年12月に初回放送された子供向けの歌。作詞:鈴木悦夫、作曲:大山高輝。

歌いだしの歌詞は「ポンポコ村の こだぬきポンポ」。歌詞では、去年の冬に小さな女の子から赤い手袋を貸りたこだぬきポンポは、手袋を返そうと(そしてありがとうを伝えようと)ポンポコ駅で女の子を待つ健気な姿が描かれている。

「乗ってけ 乗ってけ 乗ってけ サーフィン」の歌いだしで有名な『太陽の彼方に』という歌謡曲があるが、この「乗ってけ 乗ってけ」の部分がそのまま「ポンポコ ポンポコ」に差し替えられたかのようなリズムの良さで、曲全体にユーモラスな印象を与えている。

アニメーション画像は、優しく柔らかいテイストが特徴的な堀口忠彦氏。堀口氏は『こだぬきポンポ』以外にも、『コンピューターおばあちゃん』、『せんせ ほんまにほんま』、『雪祭り』、『ふたりは80才』など、数々の「みんなのうた」ヒット曲のアニメーションを手掛けている。

「みんなのうた」は歌そのものの魅力に加え、優しく味わい深いアニメーションが一体となってヒットにつながることが多く、『こだぬきポンポ』や『雪祭り』などはその典型例と思われる。

ちなみに、『こだぬきポンポ』を歌った下條アトムは、同じく堀口氏がアニメーションを手掛けた『ふたりは80才』でもボーカルを務めている。

【試聴】こだぬき ポンポ / 下條アトム

かわいい動物のうた

タヌキとキツネのうた
『あんたがたどこさ』、『げんこつやまのたぬきさん』、『こぎつね』など、タヌキやキツネが歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌まとめ。
動物のうた
動物が歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ

関連ページ

冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソング