イエス君はいとうるわし
Fairest Lord Jesus

19世紀ドイツの讃美歌・聖歌

『イエス君はいとうるわし(麗し)』または『わが主イエス いとうるわし』は、1842年にドイツで発表された讃美歌・聖歌。歌詞は17世紀ドイツの詩が元になっている。

1873年にドイツ語から英語に翻訳された。英語では『Fairest Lord Jesus』または『Beautiful Savior』と題される(それぞれ歌詞が異なる)。

ディズニー映画「アナと雪の女王」オープニングとの関係は?

2014年3月に日本で公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」オープニングでは、「ナーナーナーヘイヤーナー♪」と女声のアカペラで北欧民謡をベースとした楽曲が流れたが、その原曲となった楽曲が、この讃美歌・聖歌『Fairest Lord Jesus』の影響を受けているという。

「アナと雪の女王」オープニング曲についてはこちらのページを適宜参照されたい。

【試聴】Fairest Lord Jesus (The Hastings College Choir)

歌詞(日本語版)

イエス君は いとうるわし
あめつちの主なる
かみの御子 人の子を
なににかはたとえん

春のあさ 露ににおう
花よりうつくし
秋のよる 空に澄む
月よりさやけし

夏のゆう 青葉わたる
風よりかぐわし
冬の日に ふりつもる
雪よりきよけし

イエス君は いとうるわし
あめつちの主こそ
わがさかえ わがかむり
わがよろこびなれ

Fairest Lord Jesus 英語版の歌詞(一例)

Fairest Lord Jesus, ruler of all nature,
O Thou of God and man the Son,
Thee will I cherish, Thee will I honor,
Thou, my soul’s glory, joy and crown.

Fair are the meadows, fairer still the woodlands,
Robed in the blooming garb of spring;
Jesus is fairer, Jesus is purer,
Who makes the woeful heart to sing.

Fair is the sunshine,
Fairer still the moonlight,
And all the twinkling starry host;
Jesus shines brighter, Jesus shines purer
Than all the angels Heav’n can boast.

関連ページ

「アナと雪の女王」オープニングの原曲
北欧ラップランドのサーミ人によるヨイクと賛美歌
有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌の解説と視聴