ヘンリー・ワーク40代後半のヒット曲
Grandfather's Clock

大きな古時計の謎 Grandfather's Clock

ピアノピース377 大きな古時計 by平井堅 (楽譜)

ヘンリー・ワークが「大きな古時計」を発表したのは、彼が44歳を迎えていた1876年。それまでにも数多くの作品が作曲されたが、「大きな古時計」のような大ヒットには至らなかったようだ。

他に有名な作品としては、南北戦争において北軍の快進撃を歌った「Marching Through Georgia(ジョージア行進曲)」、オーストラリア歌曲のメロディーに用いられた「Ring the Bell, Watchman!」などがある。

大ヒット曲誕生の影では、数多くの作品がひっそりと消えていく。いやむしろ、これらの作品の積み重ねこそが、後世まで歌い継がれる名曲誕生の不可欠な要素なのかもしれない。

【関連ページ】 大きな古時計はこうして生まれた!

H・C・ワーク 主要曲タイトル一覧(時系列)

1853(21歳) 「We Are Coming Sister Mary」/Written by Henry Clay Work
後に「クリスティー・ミンストレルズ」のリーダーであったE.P.クリスティーによってアレンジされ、ニューヨークにあるクリスティーのオペラハウス(American Opera House)で頻繁に演奏されました。.
1855(23歳) 「Lilly Willy Woken」
1861(29歳) 「Our Captain's Last Words」
「Little Hallie」
Words by Alvin Robinson/Music by Henry Clay Work
「Beautiful Rose」
「Brave Boys Are They」
「Grandmother Told Me So」
「Lost on the 'Lady Elgin'」
1862(30歳) 「We'll Go Down Ourselves」
「Uncle Joe's Hail Columbia」
「There Is a River We All Must Cross」
「The First Love Dream」
「Sleep, Baby, Sleep」
Arranged for Piano by Henry Clay Work
「Nellie Lost and Found」
「Little Major」
「Kingdom Coming (The Year of Jubilo) 」
「Grafted Into The Army 」
「God Save The Nation (A Battle Hymn) 」
Words by Theodore Tilton/Music by Henry Clay Work
1863(31歳) 「Babylon Is Fallen!」
「Sleeping for the Flag」
「Song of a Thousand Years」
「The Days When We Were Young」
「The Girls at Home」
「Watching for Pa」
1864(32歳) 「Washington and Lincoln」
「Wake Nicodemus」
「The Picture On The Wall」
「Corporal Schnapps」
「Come Home, Father ('Tis the Song of Little Mary) 」
「Columbia's Guardian Angels」
1865(33歳) 「Marching Through Georgia」
1872年の「Traveling Homeward」はこの曲と同じメロディー。
「Now Moses」
「Ring the Bell, Watchman!」
オーストラリア民謡「調子をそろえてクリック、クリック、クリック」
この曲のメロディーを用いている。
「The Ship That Never Returned」
「'Tis Finished! or Sing Hallelujah」
「When Sherman Marched Down to the Sea」
Words by Adjutant S. H. M. Byers of the 5th Iowa Cavalry, at Columbia, S.C. Music (or arranged) by Henry Clay Work
1866(34歳) 「Who Shall Rule This American Nation?」
「When the 'Evening Star' Went Down」
「Lillie of the Snowstorm (Please, Father, Let Us In!)」
「Andy Veto」
「Poor Kitty Popcorn or The Soldiers Pet」
1867(35歳) 「Come Back to the Farm!」
「Dad's a Millionaire」
1868(36歳) 「The Song of the Red Man」
「Our Last Grand Camping Ground」
「Agnes By The River」
Words by Mary J. McDermit/Music by Henry Clay Work
「A Thousand Years」
Words by William Orcott Cushing/Music by Henry Clay Work
1869(37歳) 「Crossing the Grand Sierras」
「No Letters From Home」
「The Buckskin Bag of Gold」
1870(38歳) 「Georgie Sails To-Morrow!」
1871(39歳) 「Joy in Heaven! (The Returning Wanderer's Welcome)」
  「Take Them Away! They'll Drive me Crazy!」
1872(40歳) 「Traveling Homeward」
Words by Cadet Otis, U.S.M.A./Music by Henry Clay Work
<注:メロディーは「Marching Through Georgia (1875)」と同じ>
1876(44歳) 「Touch the Sleeping Strings」
「Used-up Joe」
「Sweet Echo Dell」
「The Mystic Veil」
「Phantom Footsteps」
「Grandfather's Clock(大きな古時計)」
1877(45歳) 「Tie the Knot Tightly」
「The Fire-Bells are Ringing!」
「Shadows on the Floor」
「Mac O'Macorkity」
「King Bibler's Army」
「Farewell, My Loved One!」
「Crying for Bread」
1878(46歳) 「Sequel to "Grandfather's Clock"(大きな古時計 続編)」
「Pity Me, Loo! The California Bird Song」
1879(47歳) 「Come to Me, Sunbeam! I'm Dying」
「Come, Take Your Medicine!」
1882(50歳) 「Where's My Billy Goat Gone To?」
「When You Get Home, Remember Me」
「The Parrot and the Billy Goat, The Monkey and the Mule(Dr. Quibble's Comic Opera)」
「Don't Be Cruel to the Motherless Darlings」
1883(51歳) 「Come, Pretty School-Girl!(Little White Cottage on Evergreen Square)」
「The Lost Letter」
「The Prayer on the Pier」
「The Silver Horn」
「Drop the Pink Curtains」