ラグビー サモア代表 シバタウ 歌詞の意味

マヌ・サモア!いざ戦場へ!奮闘せよ!サモアの獣たちよ!

ラグビーワールドカップにおいてサモア代表(マヌ・サモア)が試合前に行うウォークライ『シバタウ(シヴァタウ)Siva Tau』の歌詞の意味について簡単にまとめてみた。

ラグビー サモア代表ウォークライ シバタウ

ニュージーランド代表オールブラックスによる有名なハカ『カマテ』や『カパオパンゴ』と比べると、軽快なリズムで次々にポーズを決めるやや軽めの印象(比較対象が濃すぎるとも言えるが)。

写真:サモア代表によるウォークライ シバタウ(シヴァタウ)/2011年ラグビーワールドカップ南アフリカ戦(出典:Wikipedia)

【試聴】サモア代表 ウォークライ シバタウ ラグビーワールドカップ

歌詞と意味(一例)

Samoa!
Tatou o e tau le taua!
Tau e matua tau!
Fai ia mafai!
Le Manu!
Sau ia!

サモア!
いざ戦場へ!
勇敢に戦え!
奮闘せよ!
サモアの獣(鳥)たちよ!

Le Manu Samoa e ua malo ona fai o le faiva
Le Manu Samoa e ua malo ona fai o le faiva

マヌ・サモア その使命の達成を願う

Le Manu Samoa lenei ua ou sau
Leai se isi Manu oi le atu laulau

マヌ・サモア ここにあり
唯一無二のチーム

Ua ou sau nei ma le mea atoa
O lou malosi ua atoatoa

準備はすべて整った
最高潮に達した力

Ia e faatafa ma e soso ese
Leaga o lenei manu e uiga ese

道を開け はねのけろ
マヌは世界で唯一

Le Manu Samoa
Le Manu Samoa
Le Manu Samoa e o mai I Samoa
Le Manu!

マヌ・サモア
マヌ・サモア
サモアから猛威を振るう
マヌ!

マヌ・サモアについて

歌詞で連呼される「マヌ・サモア」の「マヌ Manu」とは、獣や鳥を意味しており、ここではチームの事を指している。

関連ページ

ハカ『カマテ』歌詞の意味
ラグビー ニュージーランド代表オールブラックスの雄叫び
カパオパンゴ Kapa o Pango
ラグビー ニュージーランド代表オールブラックスによる勇壮なハカ
サモア島の歌
青い青い空だよ サモアの島は常夏だよ!
ラグビー 有名な歌・踊り 応援歌・アンセム
ラグビー国際試合で耳にする世界各国の有名なラグビー関連曲
フォークダンス・民族舞踊 有名な曲
『マイムマイム』、『オクラホマ・ミキサー』、『ジェンカ』など、日本でも有名な世界のフォークダンス・民族舞踏まとめ
オーストラリア民謡・オセアニア民謡
有名なオーストラリア民謡、ニュージーランド民謡、フィリピン民謡、その他オセアニア一帯の島国に伝わる民謡や童謡、愛唱歌、民族舞踏、伝統芸能まとめ
鬨の声 ときのこえ/勝鬨 かちどき
鬨(とき)という漢字の意味や由来・成り立ちなども